« Bohemian Blues 4 | トップページ | Bohemian Blues 6 »

2013.11.05

Bohemian Blues 5

13_11_05_2

 温泉宿での住み込み生活も二ヶ月が過ぎようとしている。
 もっとも爆睡に近い昼寝をほぼ毎日しているせいなのか、まるで一日を二分割しているようで、通常の時間の経過とは違った感覚で過ごしている。
 一ヶ月がただの一月ではないようなのだ。
 なんだかずいぶん長い間ここにいるような気でしてならない。
 それでもまだ 11 月のはじめなんだよね。

 逗子に住んでいた頃の 11 月といえばまだ秋で、しかもときおり陽射しの強い日なんかもあったりして、晩秋という感覚を抱くまではまだ間があるはずなんだが、ここではすでに冬支度がはじまろうとしている。
 寒い。
 昼日中でも吐く息が白くなることも珍しくない。昨日なんかは、ほんの少しだったが白いものが混じったみぞれが降ったようだ。
 雪が降り積もるとどんな世界になるのか。雪国を経験したことのないぼくには想像はできないが、しかし、峠道が凍ると車はスタッドレスタイヤに履き替えて、しかもチェーンを巻かないと滑ってまともには走ってくれないそうだ。
 タイヤを履き替える。そんな経験をいままでにしたことがない。
 もちろんスタッドレスタイヤの用意などあるはずもない。
 ということで、これからどんな生活が待っているのか、実はまったく想像もできず正直途惑っている。

 山の木々はすでに紅葉を終えて、葉が落ちはじめている。
 雪に閉ざされるとそれこそ「シャイニング」のような世界になるんだろうか? まぁ、このままここにいれば間違いなく、それを体験することができるんだろう。

|

« Bohemian Blues 4 | トップページ | Bohemian Blues 6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/53837825

この記事へのトラックバック一覧です: Bohemian Blues 5:

« Bohemian Blues 4 | トップページ | Bohemian Blues 6 »