« 海のある街    TSUNAMI 23 | トップページ | 海のある街    9'8 1 »

2013.06.13

海のある街    TSUNAMI 24

「もっとここにいたいけど、そろそろ帰るわ。このままここにいたらきっと惚けてしまって、明日仕事がしたくなくなるような気がする」
 美由紀さんは自分にいい聞かせるように頷いた。
「うん」
 ぼくはただ頷いて立ち上がるとシートを片付けた。
 彼女も立ち上がるとお尻のあたりを手で払って砂を落とした。
 ぼくたちはそのままゆっくりと東浜へ向かって歩き、田越川の河口までいくと渚橋をくぐり、川沿いに歩いた。
 赤い富士見橋を渡ってさらに川沿いのバス通りを歩く。
 しばらくして田越橋の交差点を過ぎると、歩行者用の橋を渡ってそのまま対岸の川沿いの道を歩く。zishi art galleryの横を通り過ぎて、やがて新逗子駅の南口に着いた。
 改札口のところで彼女は立ち止まった。
「そうだ、ねぇ、携帯貸して」
「どうするの?」
「電話番号、知らないもの」
 そういうとぼくのiPhoneを手にとって電話番号を打ち込んだ。すぐに彼女のiPhoneが鳴った。
「これで大丈夫」
 彼女は笑顔でぼくのiPhoneを返してくれた。
「ありがとう」
 彼女はそういうと手を差しだした。
 ぼくはその手をしっかりと握った。
「とてもいい休日になった」
 彼女は笑顔でいった。
「そういってくれると嬉しいよ」
 ぼくは手を握ったまま頷いた。
「それじゃ、明日からまたいつものように仕事場で」
 彼女は手を離すと、くるりと回れ右をして改札を抜けていった。
 そのままプラットホームを歩き、停まっていたエアポート急行羽田行きに乗った。
 やがて発車を知らせるアナウンスが流れると、電車のドアが閉まり、電車はそのまま走り出した。
 ぼくはしばらくそこに立ったまま、走り去っていく電車の後ろ姿を見ていた。やがて踏切の音が鳴り止むと、ぼくも帰ることにした。

※この物語は、私小説と与太話の中間のようなものだと思ってもらいたい。
 実在の人物や、実在のお店などが出てきても、あくまでもフィクションです。

|

« 海のある街    TSUNAMI 23 | トップページ | 海のある街    9'8 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/52019154

この記事へのトラックバック一覧です: 海のある街    TSUNAMI 24:

« 海のある街    TSUNAMI 23 | トップページ | 海のある街    9'8 1 »