« 海のある街    TSUNAMI 20 | トップページ | 海のある街    TSUNAMI 21 »

2013.06.09

五月の映画

最高の人生の見つけ方 [DVD] ドラゴン・タトゥーの女 ミレニアム<完全版> [DVD] ミレニアム2 火と戯れる女 [DVD] ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 [DVD]
 ちょっと油断をしていたら六月になり、すでに一週間以上が過ぎているではないか。なんということか。
 ということで、すこし遅くなったが五月の映画のまとめを。
 GW があったから、もっと映画を観てもよかったんだろうが、個人的にいろいろとあったのと、あとは「ドラゴン・タトゥーの女」がちょっとヘビーだったので、その後遺症ということで、三部作観終わった後は「1408」だったり、「Inside Man」だったり、「Taking of Pelham 123」なんかを繰り返し観直して過ごしてしまった。
 という一ヶ月。

「最高の人生の見つけ方」はジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンという芸達者ふたりの映画。内容はともかく、まぁ、人生というものをいろいろと考えるのもありかとは思うけど、ほんとうの人生は一度きりだからなぁ。こうやっていろいろな人生を映画とか小説で味わうのもいいのかもしれないと最近、マジで思うようになった。

 で「ドラゴン・タトゥーの女」。こっちは本家のスウェーデン版だ。一作目は映画で、二作目と三作目はテレビ用に作られたとのことだったが、一作目が大ヒットしたので急遽劇場でも公開されたとか。
 一作目は確かにおもしろかったが、二作目と三作目は内容もヘビーだし、ミステリーというよりは、リスベットの生い立ちの謎みたいな部分が多かったので、そういう意味ではどうなんでしょうとも思う。
 これハリウッドでも三部作になるんでしょうか?

 ということで、六月はちょっと軽めにいきたいなぁとも思うんだが、観たいときに観たい映画を必ずしも観られないというのが、Hulu を利用していて思うことで、実は「シリアナ」を観ようと思ったら、もう観られなくなってるんですわ。
 まぁ、ちょっと今後どういう形で映画を観るのか考え直すタイミングなのかもしれない。
 いろいろな意味でね。

|

« 海のある街    TSUNAMI 20 | トップページ | 海のある街    TSUNAMI 21 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/51974613

この記事へのトラックバック一覧です: 五月の映画:

« 海のある街    TSUNAMI 20 | トップページ | 海のある街    TSUNAMI 21 »