« 海のある街    9'8 8 | トップページ | 海のある街    9'8 10 »

2013.06.26

海のある街    9'8 9

 天気がとてもいい午後だった。そのせいでウインドサーファーたちがあちこちにいる。彼らの立てる波は避けたかったので、できるだけ人のいないところへいこうとしたが、ちょっと無理をしたのかすぐにバランスを崩してしまい、ぼくはボードから海へ落ちてしまった。
 すぐに浮き上がると、リーシュを引っ張りボードを引き寄せる。
 ボードに掴まりながら、けれどぼくは嬉しくなっていた。
 SUPの楽しさを身体が思い出したような感じだった。
 そう、こうやって海へ落ちるのもSUPの楽しさのひとつなのだ。ぼくはそう思いながらボードの上に上がると、また立ち上がった。
 海の上を渡る風を全身で感じながら、ゆっくりとパドルを漕ぎはじめた。
 一度、自転車に乗れると、ずいぶん間が開いても大丈夫なように、ぼくもしばらくすると以前の感覚を取り戻したようだった。全身を使ってパドルを漕ぎ、多少無理な体勢からコースを変えたりしてみた。
 何度か海へ落ちたけど、しかしそれはとても楽しい体験のひとつだ。
 ぼくは海へ戻ってきた。
 そんな手応えを感じながら、この日はともかくSUPと海を思う存分楽しんだ。もちろんボードから落ちることも含めてだけど。

※この物語は、私小説と与太話の中間のようなものだと思ってもらいたい。
 実在の人物や、実在のお店などが出てきても、あくまでもフィクションです。

|

« 海のある街    9'8 8 | トップページ | 海のある街    9'8 10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/52182591

この記事へのトラックバック一覧です: 海のある街    9'8 9:

« 海のある街    9'8 8 | トップページ | 海のある街    9'8 10 »