« 海のある街    風の街 10 | トップページ | 海のある街    風の街 11 »

2013.05.05

四月の映画

SHERLOCK / シャーロック [DVD] SHERLOCK/シャーロック シーズン2 [DVD] スペース カウボーイ 特別版 [DVD] オーシャンズ11 特別版 [DVD]
 ゴールデンウィークも明日で終わってしまう。やれやれ。
 四月の映画なんだが、今回は「SHERLOCK」がメイン。BBC のテレビドラマとはいえ、それぞれの尺が一時間半ほどあって、その中身も映画といっていいだろうというグレードなので、四月はこういうことになっている。シーズン 3 は今年放送予定ということで、ぼくが観たのはシーズン 2 まで。それぞれ 3 話作られているので、合計で 6 本観たことになる。
 どこがおもしろいのかというと、まずなによりもキャラが立っている。
 時代を現代に置き換えてはいるが、あそこまで犯罪の謎を解くことにわがままぶりを発揮するキャラは、まさしくシャーロック・ホームズそのもの。事件が起こらないからとイライラして壁を銃で撃ったり、研究材料として持ち帰った人の頭を冷蔵庫に保存したり。
 ここまでホームズのキャラが身勝手に描かれている作品もないと思うんだが、それだからこそ、観ていて、ああ彼こそがシャーロックだよと感じ入ってしまうわけだ。
 あわせて、ワトソンもまさにぴったり。このふたりのキャラがあまりにも素晴らしいので、何度、観直しても退屈しない。
 早く次のシーズンが観たいよ。なにせ、シーズン 2 のラストは衝撃的な終わり方してるからなぁ。

 ということで他の映画を観る気が起きずに、なんとか観たのが「スペース カウボーイ」と「オーシャンズ11」。 「スペース カウボーイ」は爺さんたちが宇宙で活躍して、まぁ、予定調和というか大団円で終わる。というか、ひとりは犠牲になっちゃうけど、まぁそれは織り込み済みということで。こういうストーリーが成立するというのも素晴らしいが、なによりも爺さんたち四人の配役がよろしい。

「オーシャンズ11」はなんだかシリーズになってしまっている感があるけど、ハリウッドの娯楽作品としてよくできている。
敵役のアンディ・ガルシアの冷酷なところがもうちょっとあるとよかったかもしれんが、ここまで役者並べたら、それはそれでむずかしいかもしれない。はい。

 ということで、さて五月はどんな映画を観ますかね。って、まず「シリアナ」観てるんだけどね。

|

« 海のある街    風の街 10 | トップページ | 海のある街    風の街 11 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/51501770

この記事へのトラックバック一覧です: 四月の映画:

« 海のある街    風の街 10 | トップページ | 海のある街    風の街 11 »