« 海のある街    ペーパーフィルター 8 | トップページ | 海のある街    ペーパーフィルター 10 »

2013.04.11

海のある街    ペーパーフィルター 9

 珈琲を淹れるためには、豆を買わなくてはいけない。ペーパーフィルターだけでは淹れられない。
 どこで買おうかいろいろと悩んでしまった。
 というのも、いまぼくが住んでいる逗子にはいわゆる専門店がないのだ。袋に詰められ、スーパーの棚に並んでいるコーヒー豆を買うなら、元妻が飲んでいたように、コーヒーメーカーとか、それこそインスタントのパック式のもので充分だ。
 せっかくだからちゃんとした豆を買いたい。
 マスターがいっていたのは、煎った豆は一週間で駄目になる。挽いた豆は三日で駄目になる、ということだった。学生だったぼくは、あの頃、電動ミルを買って、マスターに調節してもらい、それを使って珈琲を淹れる前に豆を挽いていた。
 ただ、いまのぼくはさすがにそこまでやる気はなかった。
 百グラムの豆を挽いてもらって、三十グラム使えば、三杯で消費できる計算だ。これならほぼ三日で呑み終わる。一日に二杯呑むつもりなら二百グラムでいい。
 どうしようかと思っていたんだが、ある日、仕事先をぶらぶら歩いていたら、珈琲の専門店を見つけた。ただ豆を売っているだけではない。そこで焙煎もしている。
 しかも紅茶の種類も豊富に置いてある上、カップやグラス、珈琲を淹れるための道具や紅茶のポットまで用意されていた。仕入れができる卸店のような塩梅だ。
 ここならまともな豆が買えそうだった。
「珈琲豆をください」
 レジに立っていた女性に声をかけた。
「はい、なんになさいます?」
 眼鏡を掛けた女性だった。中学生の子どもがいてもおかしくない年代だろうか。
「マンデリンってありますか?」
「ええ、ありますよ」
 そういいながら、レジから離れるとコーヒー豆が入ったケースのところへ歩いた。
 ぼくもいっしょに豆のケースのところへついていく。
 ケースの中の豆は薄いグリーンをしていた。
「この豆って、まだ煎ってないんですか?」
「ええ、これからお好みの度合いで焙煎します」
 女性は笑顔で返した。


※この物語は、私小説と与太話の中間のようなものだと思ってもらいたい。
 実在の人物や、実在のお店などが出てきても、あくまでもフィクションです。

|

« 海のある街    ペーパーフィルター 8 | トップページ | 海のある街    ペーパーフィルター 10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/51180965

この記事へのトラックバック一覧です: 海のある街    ペーパーフィルター 9:

« 海のある街    ペーパーフィルター 8 | トップページ | 海のある街    ペーパーフィルター 10 »