« なまけものの一日 | トップページ | 三月の映画 »

2013.03.30

iPhone でギターのチューニングができるなんて

Poly0330

 今年になってからギターをケースから引っ張り出して、弾くようになった。まったく、いったい全体なぜこんな歳になっていまさらギターなのか、実は自分でもよくわからないんだが、ほぼ毎日のように弾いている。
 最初は指が弦に馴染まなくて、昔なら簡単に弾けていたコードが弾けなかったりといろいろあったけど、ようやくなんとかコードならちゃんと弾けるようになってきたところだ。
 ともかく 10 年ぶりぐらいにギターに触っているわけで、この前、弦を買いに楽器屋に行ったら、いろいろと新しくなっていて浦島太郎の気分になってしまった。だってカポタストがまったく違う形になってるんだよ。ついでにあれこれ見ていたら、チューナーまであるんだねぇ。これにはさすがに驚いた。というか、これに驚くぼくが無知の誹りを受けるべきなのかもしれないけど。

 ぼくが弾いていた頃は、当然のように音叉を使ってチューニングしていた。音叉を叩いて振動させるとギターのボディに当てて、5 弦の音と合わせる。はじめはハーモニクスで合わせてだいたい音が合ったら、開放弦の音を鳴らして音叉の振動に合わせる。5 弦の音が合うと、あとは 6 弦を合わせ、それからほかの弦を合わせるわけだ。
 昔は、口に音叉をくわえて音を合わせていたこともある。でもいつからかボディに当てるようになったなぁ。
 エレキの場合はチューナー使っているやつもいたけど、まさかアコギにチューナなんてと思っていたけど、違うんだね。時代は変わるものだ。

 でもなんとなく素直に買う気にはなれなかった。だって音叉でできるじゃない。まぁ、チューナーがあれば便利かもしれないけど。
 実はそう思っていたのだ。今日まで。
 ところが Apple の CM を見たら、なんとチューナーのスクリーンショットが映っているではないか。
 ああ、そうか、その手があったか。
 ということで探したらなんとあっさりと見つかりました。それがこの「PolyTune」。
 それぞれの開放弦の音を鳴らすとちゃんとインジケーターで示してくれる。いや、これは便利だわ。

Hw0330

 それ以外に、なんと 6 弦すべてのチューニングをチェックできるアプリもあるのね。
 これにはちょっとビックリだ。
 開放弦のまま弾くとなんと全部の弦の状態を表示してくれちゃうのだ。ギターって弾いている人はよくわかると思うけど、けっこうすぐ音が狂うんだよね。ちょっと弾くと 6 弦の音が下がったり、あとは 1 弦と 2 弦の具合がしっくりと来なかったり。
 そんなときには、この「HardWire HT-6 FastTune」で全体を一瞬にして把握できるのは嬉しい。
 この写真見てもらうと、6 弦がちょっと低めになっちゃっていることが一目でわかるでしょ。

 ということで、このふたつのアプリきぼくの必需品になったのでありました。
「PolyTune」の方は 450 円。この機能でこれは安い。だって、440Hz だけじゃなくて、他の周波数に設定することもできるのだ。って、ぼくには必要ないけどね。
「HardWire HT-6 FastTune」は、いまのところ無料。いや、嬉しいじゃないですか。はい。でも、この価格はあくまでも今日現在ということなのであしからず。
 両方使ってみたけど、個人的には「PolyTune」の方が正確な気はする。というか弦をひとつひとつ合わせるときには、こっちの方が判りやすい気もするしね。その時で使い分ければいいんじゃないでしょうか。はい。
 しかし、いい時代になってるんだなぁ。

■ PolyTune
PolyTune - TC Electronic

■ HardWire HT-6 FastTune
HardWire HT-6 FastTune - Harman Professional, Inc.<

|

« なまけものの一日 | トップページ | 三月の映画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/51023367

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone でギターのチューニングができるなんて:

« なまけものの一日 | トップページ | 三月の映画 »