« スタンフォードの自分を変える教室 | トップページ | 今月の映画 »

2013.01.26

実名報道っていうけど

 今回のアルジェリアの事件についてちょっと感じたことを書いてみる。
 というのも、いままではこんなに強く違和感を抱いたことはなかったんだが、今回、NHK のニュースに被害者の家族の映像が流れたときに、それは違うだろうと直感的に感じてしまったのだ。
 確かに痛ましい事件だし、被害者の方やその家族に対して率直にお悔やみの言葉をかけたいとは思う。
 でもね、事件を語るときに被害者を全面に出して同情心を煽るような視点からしか事件を報道できないものなんだろうか?

 加害者側を徹底的に糾弾することで事件を説明することってできないの?
 いや、これはいじめの報道なんかもそうだし、たとえば殺人事件でもそうだけど、報道でクローズアップされる語り口はいつもの被害者に焦点をあてているような気がする。
 まるで井戸端会議のような次元の報道をいつも見ているような気がするのは、たんなる勘違いだろうか?
 報道って、そういうものなの?

 今回、政府も日揮も使命を公表せずに事件の報告をしていた。
 なぜそれじゃだめなの?
 マスコミのみなさんはとても頭がいい方が多いんだろうから、もっともっと別の視点で事件を描き出してみせることだってできるはずだと思うんだけどなぁ。
 ぼくは今回の事件のニュースで加害者たちの氏名を含めて、加害者側からの視点での報道というものを目にしたことがないような気がする。それは単にぼくが情報をきちん受け取っていないということなのかもしれないけど、それならぼくのような人間にもちゃんと届くようにしてもらえると嬉しい。
 まさか被害者の方が取材しやすいなんてことはないよね。そりゃイスラム原理主義者たちに直接インタビューすることは難しいかもしれないけど、それをするのがプロのジャーナリストじゃないの?

 なんでもかんでも被害者の氏名を暴いて、というかそういう表現に近いことをしている記者たちもいるように聞いているのであえてそう書いちゃうけど、被害者側からしか事件を報道できないのは、マスコミとしては片手落ちに近いんじゃないかと思うんだよね。
 どうなんだろう?

|

« スタンフォードの自分を変える教室 | トップページ | 今月の映画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/48972215

この記事へのトラックバック一覧です: 実名報道っていうけど:

« スタンフォードの自分を変える教室 | トップページ | 今月の映画 »