« なぜか肺を病む | トップページ | なぜか肺を病む その3 »

2012.12.17

なぜか肺を病む その2

 ということで、まだ完治していなかったりする。
 たぶん発病が 11 月 30 日の金曜だとは思う。で、あまりの熱に仕事を休んで病院へ行ったのが、その翌週の 12 月 7 日のこと。
 病名も判明して、薬も処方してもらい、すっかり治った気になっていたんだが、咳がだんだんひどくなり、12 月 12 日にはあまりに咳が出るために、夜、ほとんど寝ていられなかったほど。

 で、翌日の 13 日に病院へ咳止めをもらいに行ったんだが、改めてレントゲンを撮られ、先週よりも悪化しているかもしれないといわれてしまった。確かにレントゲンの写真を見較べてみると、白い影が大きくなっていた。このままだと入院ということになるかもしれないと脅され、翌朝、改めて診察に来なさいということになって、朝から病院へ行き、血液を採られ、その結果、なんとか快復に向かっていることが判明。

 ということで、まぁ、今週中には全快するだろうという感じで、過ごしている。
 ただ、問題なのはそれまでの生活習慣が完璧に崩れてしまっているということだ。起床時間ひとつ取ってもそれは明らか。まぁ、体力回復が第一だから寝ていられるだけ寝ているわけだけど、そうなるとどうしても起床時間がずるずると遅くなってしまっている。

 あとは体力不足。階段の上り下りでの疲れが特に目立つ。
 発病する直前はプールで 1km 泳いでいたというのに、たぶんいまそんなに泳げなくなってしまっていると思う。
 そのあたりは、ゆっくりと元に戻していく努力をすべきなのかもしれないなぁ。
 いきなり元に戻れるほど若くはないことがわかっているだけに、このあたりはとてももどかしいことではあるけどね。

 あとは、アウトプットだな。これもめっきりと減ってしまっているから、早く元に戻したいよね。というか、以前よりももっとアウトプットするようにできればしたいものだ。

|

« なぜか肺を病む | トップページ | なぜか肺を病む その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/48359128

この記事へのトラックバック一覧です: なぜか肺を病む その2:

« なぜか肺を病む | トップページ | なぜか肺を病む その3 »