« 山下達郎:OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012 | トップページ | PANDORA でまったりと音楽を »

2012.11.14

ワールドカップ・アジア最終予選 vs オマーン

 国際試合に、しかも公式戦に簡単な試合がないことは十分承知している。
 また、オマーンがホームできちんと結果を出していることも知っている。でも、なんていえばいいんだろう。今の日本代表の試合を見ていて思うんだが、負けるというイメージを抱くことがなかなかできない。
 チームとしての強かさっていえばいいんだろうか。
 以前の代表なら、ここというときに失点していたようなイメージがあるんだが、特にザックが監督になってから、逆にここというところで追いついたり、逆転してくれるだろうという期待を抱きながら試合を観ることができる。

 ということで、この試合も厳しい展開ではあったが、最後にはきちんと点を獲って勝ってくれた。
 コンディション的にはとてもキツイ感じだったけど、しかしそれでも追い付かれたあと、バタバタと慌てるのではなく、自分たちの力を信じて戦っているというそんな印象をこの試合でも受けた。

 もっと上を目指していると選手たちは口にしてくれる。
 とても頼もしい言葉だ。
 確かに、まだトップのチームとは歴然とした差がある。それでも、こういう強かな戦いを見せてくれた日本代表を頼もしく思うし、また嬉しくもある。
 さっさと予選通過を決めてしまい、次のステップへと進んでもらいたい。

|

« 山下達郎:OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012 | トップページ | PANDORA でまったりと音楽を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/47850169

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップ・アジア最終予選 vs オマーン:

« 山下達郎:OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012 | トップページ | PANDORA でまったりと音楽を »