« ワールドカップ・アジア最終予選 vs オマーン | トップページ | もう師走 »

2012.11.23

PANDORA でまったりと音楽を

Pandora1123

 昨日、今日と久しぶりに二日続けてのんびりと過ごすことができた。昨日はそれでもあれこれやることがあって、ドタバタしたけど今日は一日ゆっくりと。
 ということで、なにをするでもなく音楽でも聴きながらのんびりしたいな、ということで「PANDORA」を試してみた。
「PANDORA」は 2005 年にスタートしたインターネットラジオで、日本ではアクセス制限のために利用できなくっていたらしい。このあたりの経過を調べてみようと思ったけど、なかなか参考になるページが少なくて、2007 年の 5 月初旬からアメリカ以外の国では利用できなくなっていたらしいことがわかった。
 著作権の考え方が国によって違うために他の国に配信するといろいろと問題になるということなんだろう。

「PANDORA」は「Music Genome Project」というアルゴリズムで楽曲を構造解析して似ている曲を次々に流してくれる。
 だから好みの曲だけど、いままでに知らなかった曲を聴くこともできる。これがなかなか具合がよろしい。ぼくは James Taylor が好きなので Station をひとつ作ってみたが、これを選択しているといわゆる 70 年代のウエストコースト調の曲だけでなく、Elton John や Beatles まで選択されて、James Taylor の曲調に似た曲が次々に流れてくる。

 ついでだからと Norah Jones の Station を作ってみたら、今度はジャズっぽい曲や女性ボーカルをメインとした優しい曲などが流れ出した。
 検索ウインドに Artist の名前を入力するだけでどんどん Station が作れ、それぞれがリストに掲載されるので、それを選ぶだけで次から次へと曲を流してくれる。
 好みに合わせて選曲される音楽放送のことを、ミュージック・ディスカヴァリー・サービスというらしい。なるほど確かにこうやって聴いていると発見がある。ぼくの好みを忠実に反映してくれるけど、それでいて意外性もある。このバランスがとてもいい。
 これは実に素晴らしいサービスだ。

 ただアメリカのプロキシ経由でないと使えなかったらしい。でも、Media Hint というサイトにアクセスして「START USING」をクリックするとプロキシ用の拡張機能が、ぼくの場合は Google Chrome にインストールされて、めでたく「PANDORA」にアクセスできるようになった。
 対応しているブラウザは Chrome と FireFox だけらしい。
 このあたりは「#RyoAnnaBlog」のこのエントリーを参考にしてね。

 ということでもしかするとしばらくしたらこの手は使えなくなってしまうかもしれないけど、それまで音楽を聴いてまったりしたいときはこの「PANDORA」で楽しむつもり。なによりも今まで知らなかった Artist の中から好みの曲を見つける楽しみがあるのがいい。
 そうそう曲の合間に CM も入るけど、これはインターネットラジオだから当然だよね。
 しかし、日本でこういうサービスは、まぁ、無理だろうなぁ。頭の固い既得権益を離さない親父たちがよってたかって潰すだろうから。
 いままで知らなかった楽曲に触れるサービスを展開するというのはビジネスとしてもあたり前のことだと思うんだけどね。

「PANDORA」については、Musicman-NET の 特別連載企画「未来は音楽が連れてくる」にいろいろと記事が載っている。

|

« ワールドカップ・アジア最終予選 vs オマーン | トップページ | もう師走 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/47951922

この記事へのトラックバック一覧です: PANDORA でまったりと音楽を:

« ワールドカップ・アジア最終予選 vs オマーン | トップページ | もう師走 »