« 10 月ということは…… | トップページ | Google からつれない返事が »

2012.10.02

ときにはこんなことが本屋で

 本屋が好きだという話はちょっと前に書いたと思う。
 別段用事がなくても本屋へ行くとなんだか落ち着いてしまうし、それなりに時間を潰すこともできる。というか、だらだらと居続けることがまったく苦にならないといった方がいいかもしれない。いや違うな、つい本屋へ行ってしまうという方が正しいか。

 そういうわけで頻繁に本屋へ行くんだが、たまに、ごくごくたまにちょっと不思議な体験をする。
 いや、不思議というと大袈裟かもしれないけど。
 昨日ことだ。一冊の本が平置きされていた。
 一冊だけ平置きのままというのは、あまりない。平置きの場合は何冊か重なっているのが普通だ。冊数が少なくなったら、棚に並べられることになるのかもしれない。
 こういうときって、なんとなく本が手にとって読んでみてくれと囁いているような気がするのだ。

 もちろん躊躇することなく本を手に取り、パラパラとページをめくっていくことになる。ただこういう時ってのは、あたりのことが多いんだよね。
 つまり、とてもいい本に出逢ったり、あるいはいいフレーズや、いまいちばん大切だと思えるようなことが書いてあったりすることが、じつは多いのだ。そう、昨日もそうだった。
 いままに読んだことのない本だったけど、手に取ってみて、ああこれ、と思える内容だった。

 だからといってそのままレジへ直行することはあまりない。だいたいパラパラと見終わると、そのまま元へ戻してしまう。
 けれど、翌日になってその本がどうしても気になって仕方がないときがある。
 でもそういう時ってたいていもう置いてないのだ。平置きはもちろんだが、棚のどこを探してもない。売れてしまったのか、それとも返本ということになってしまったのかよくわからないが、ともかくもう一度あのフレーズのところを確認したいと思っていたぼくだったけど、結局見つけることができなかった。

 まぁ、いい。
 大切なことだと思えることは頭に刻んである。どうしても確認したければ、もっと大きな本屋へいけば探せるはずだ。しかし、もっと大きな本屋へ行ったら、目移りして別の本が気になってしまうんだろうなぁ。
 なんというか、本との一期一会といったところだろうか。
 でも、そういう本が教えてくれるなにかって、結構大切なことだったするのだ。もちろん、ものすごく個人的なことだけどね。だからぼく以外の人には、たぶんどうってことはない内容なのかもしれない。でも、そういう本に救われることもあるのだ。ぼくの場合は。

|

« 10 月ということは…… | トップページ | Google からつれない返事が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/47287662

この記事へのトラックバック一覧です: ときにはこんなことが本屋で:

« 10 月ということは…… | トップページ | Google からつれない返事が »