« Google からつれない返事が | トップページ | ちょっと狭間なのか »

2012.10.04

タイマーは自分の時間で使いたい「30/30」

30301004_3

 このところ午前中はどちらかというと頭を使ってあれこれ考えるタスクをメインにして、午後は作業的なタスクをメイン仕事をするようにしている。
 だいたい、朝一番にその日にやりたいことを lino に付箋でペタペタ貼っていき、そこで一日の割り振りをすると、それにしたがって順番にこなしていく。
 そこでやはり考えたいのは時間の管理をどうするのか、ということだ。

 以前、ポモドーロを使ってなんとなくいい感じでやれてはいたんだが、ぼくの場合、集中してしまうと 25 分はどうしても短い。気がつくと 60 分以上も集中したままということもあって、ポモドーロの 25 分だと齟齬を生じることもある。
 作業的なタスクであれば、一定時間で区切ってもいいんだろうが、頭を使うタスクの場合は集中をタイマーで切られるという不都合は避けたかった。

 さて、どうしようと思って iPhone を眺めていたら、そういえばもっと自由度の高いタイマーがあったはずだと気がついた。
 それが「30/30」。
 基本は 30 分なんだが、自由に時間を設定することができる。
 また、リストを自由に作って、それぞれのタスクリストごとに時間を設定することもできる。
 だから午前中の頭を使いたいタスクの場合は 90 分のタイマーにして、そのあと 15 分の休憩を入れてから、次のタスクは 45 分でやろう。といった、タスクの内容に合わせたタイマー設定をすることができる。
 しかも、そのときあと少し続けたいなんていう微調整もできるのがいい。

 ということで、いまぼくの場合は基本的な一日の時間を予め割り振っておいて、その日の朝、やりたいことを決めたときに調整して使っている。
 これだと、長目の時間集中したいときも、細かく分割しておきたいときも自由に設定できて便利だ。
 おかけでスムーズにいろいろなタスクを片付けていくことができるようになっている。

■ 30/30
30/30 - Binary Hammer

|

« Google からつれない返事が | トップページ | ちょっと狭間なのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/47310696

この記事へのトラックバック一覧です: タイマーは自分の時間で使いたい「30/30」:

« Google からつれない返事が | トップページ | ちょっと狭間なのか »