« 迷子になってしまったのか? | トップページ | 中国のことをちょっと考えてみたい »

2012.09.21

ネタ切れにつき

 午後、ガシガシと画像処理の作業をやっていたこともあって、blog のネタを考える時間がなかった。
 実はこういう状況になってなんとか搾りだそうとするところがおもしろいんだが、抜け道がひとつだけあって、ネタがないというネタで書くことができてしまう。
 まぁ、ぶっちゃけそれが今日のエントリーということになる。

 で、どうしようかとまだ考えているんだが、なにも頭に浮かばないので、てきとうに書き飛ばしてみよう。

 まず、画像処理をといってもたいしたことではない。
 とあるサイトのリニューアルをすることになっていて、そのサイト用に写真を撮って、その画像を加工していたのだ。できたら集合写真をというのがクライアントのリクエストだったけど、アイテムのサイズがバラバラでまとまりよく撮ることができそうもなかったので、単体で撮ってあとでコラージュすることにした。

 撮影といっても点数が 7 点なのでさほど時間はかかっていない。
 じつはファッション関連の商品なので、こまかなところに気を遣う必要があるんだが、以前、ショッピングサイトの手伝いをしたときに膨大な量のファッションアイテムを撮影したことがあったので勘所がなんとなくわかっていて、ある程度要領よくできるようになっている。

 問題は撮影した画像の加工。
 簡単にいうと、アイテム自体をどうやって切り抜くのかということに頭を悩ませることになる。
 バックに色のついた紙を敷いて撮影していけばいいんだが、ファッションのアイテムだとカラフルなものが多いので、何色のもの使えばいいのかというとこで躓く。
 今回は、白地が一番無難だったので、押入の襖を外してそれをバックに敷くことにした。
 ウチの押入の襖は白一色で地紋があるんだが、デジカメで撮影すると地紋が潰れてきれいに映らないのでバックにはもってこいだったのである。とはいっても、どうしたらいいのか、じつは午前中あれこれ悩んだんだけどね。

 撮影が終わると画像の確認をして、再撮影が必要なものはすぐに撮りなおしておく。
 今回、ワンピースが素材としてあったんだが、これが色飛びしてしまって、元の色がきちんと出ていなかったので、撮りなおしをした。
 作業が終わってからだと面倒だから、この時点でやっておく方がいい。

 で、使用したい画像をピックアップすると、それぞれ色の調整などをして、Jpeg ファイルで吐き出す。
 この作業をぼくは iPhoto でやることにしている。
 そのファイルをプレビューで確認して、必要なサイズギリギリにカットする。
 トリミングを iPhoto でやってもいいんだろうが、画像のカットはじつはプレビューの方が楽ちんなのだ。

 さて、画像の加工ということになると Photoshop の出番なんだろうが、ぼくはこの作業を特別なことがないかぎり Keynote でやってしまう。
 リニューアルデザインのデータは Keynote で作っている。だから、実際に使用する画像などもこのファイルに保存しておくと、あとで画像を探したり、ちょっと手直しをしたりというときに便利なのだ。
 今回は 7 点 の写真をコラージュするということで、まず一番サイズの大きいワンピースの写真を貼りつけて、アルファを操作していらない部分を透過させる。この作業がとても簡単なので助かる。というか、笑ってしまぐらい簡単なんだよね。
 プレビューでもできるけど、コラージュをするということになると、仕上げるために使用するアプリで透過した方が効率がいい。
 順番に画像を貼りつけて透過させ、サイズを調整して並べていく。
 で、あっさりと作業が終わってしまった。
 ほんとうは Photoshop であれこれ苦闘しなきゃいけないかもと思っていたけど、透過させるのが実に簡単だったので杞憂に終わった。

 ということで、画像処理の話だったんだが、ネタ切れの埋め草としてはおもしろくないなぁ。でもここまで書いちゃったから、今日はこのままでアップしてしまおう。
 このリニューアルの話は仕事が終わったら、改めてちゃんと報告することにしよう。

|

« 迷子になってしまったのか? | トップページ | 中国のことをちょっと考えてみたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/47161058

この記事へのトラックバック一覧です: ネタ切れにつき:

« 迷子になってしまったのか? | トップページ | 中国のことをちょっと考えてみたい »