« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012.08.31

そういえば J-COM が来たんだが

 J-COM がテレビの信号レベルのチェックにやってきた。J-COM のケーブルが建物全体に配信されていて、個々の部屋ごとに契約すれば J-COM のプログラムが見られるようになっている。
 けど、我が家はとうぜんだが契約をしていないので、通常の地上波と同じチャンネルだけが見られるようになっている。
 といっても、日々、テレビを見る時間が短くなっていて、もう 7 時のニュースぐらいしか普段は見ないようになっているから、どうでもいいんだけどね。

 で、その分、ぼくの場合は Hulu でドラマなんかを観るようになっている。
 いまは「クリミナル・マインド」と「NCIS」、それに懐かしの「X ファイル」が定番だ。ついこの前まで「メンタリスト」も観ていたんだが、まだシーズン 1 だけしか観られず、それも二回も観てしまったので、昨日から「NUMB3RS」を観はじめている。

 引っ越す前は鎌倉テレビと契約していたので、ケーブルでシーズン 5 を観ていたんだが、このシーズン 1 がなかなかよろしい。まず、画面構成がなかなか格好いい。CM 入りのところのカットなんていいセンスしている。スタイリッシュな映像作りというやつだ。リドリー・スコット & トニー・スコット製作だからなのか。
 ついでにいうと出演者が全員若いし、細い。シーズン 5 だと、5 年経っているわけで、この時間の経過での変化もなかなかおもしろい。

 おまけにちょっと Wiki して知ったんだが、作中に出てくる数式ってぜんぶきちんとした計算式なんだそうだ。コンサルタントとして数学者が番組作りに関わっていて、チェックしているらしい。というか、美術の人にてきとうに数式書いて、なんて頼めないと思うし。
 だからかついつい観ちゃうよな、これだと。
 まぁ、日本のドラマにここまで求めるつもりはないからいいけど、しかしエンターテイメントということになると格段の差があるね。アメリカと日本じゃ。ふむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Catch が知らない間に変わっていた

Catch0830

 テキストをベースにしたクラウドサービスのひとつに「Catch」というものがある。とてもシンプルな画面で、メモをずんずん書いていくにはぴったりなので、重宝している。
 iPhone のアプリと Web サービスの両方を使っているんだが、クラウドサービスなので、どこからでもアクセスできて、しかも書いたり編集したりできるのでとても便利だ。

 同じようなサービスに「Simplenote」があるんだが、こっちはもうちょっと長目のドキュメントを書くのに向いていて、たとえば本の内容をメモしたり、あるいは iPhone で日記や blog の原稿を書いたりするときに使っている。

「Catch」はもっと短いメモに使っていた。
 画面に表示されるのが三行程度のスペースなので、ぼくは気になる本のタイトルをメモしたり、住所録に登録する必要はないけど、メモしておきたい電話番号なんかを書きこんでいた。iPhone のアプリだと電話番号をタップするだけで直接電話がかけられるので、これはこれでとても便利だった。
 でもそれだけ。タグをつけることはできても、ただメモが一覧で見られるだけだった。

 それがなんとカテゴリーでかんりできるようになっていたのだ。
 今日の今日までそんなことになっているとは知らなかった。
 おかけで使い勝手がぐんと向上した。これからはいままでよりももっと使うシーンが増えていくだろう。

 このところ文章を書いたり整理したり、あるいはちょっとだけストックしたりするのにいいツールはないだろうかと悩んで、ようやく Evernote にしようと決めたばかりなのに、これはこれでまた使い方を考えると、便利に使えそうなんだよなぁ。
 こういうのを嬉しい悩みというんだろうか?
 メモといってもいろいろなタイプのものがあるから、それに応じて使い分けをしたいんだけど、どう整理しようか。昨日のこともあって、なんとなくリスト管理できるツールももう一度考え直そうと思っているところだしねぇ。

 実は長い文章を、その構成を考えながら書いていくのに Evernote よりももっと便利なアプリがあるらしいことも知ってしまったし、リスト管理用のアプリにいたっては日々使いやすそうなものが次から次へと出るし、どうしましょうというのが正直なところ。
 どのツールを使うのか悩んじゃうなんて本末転倒なんだけどね。
 頭の整理をきちんとした方がいいのかなぁ。

■ Catch
Web 版はこちらから。

Catch Notes - Catch.com, Inc.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.29

やりたいことの整理がつかなくなってしまった

 昨日から妙にイライラして、といってもなんとなく落ち着かないとか、心がなんだかざわついてしまうといった類のことで、なにかに腹を立ててイライラしているわけではないんだけど、正面を向いてなにかに取り組むということができずにいた。
 直接の原因はとても単純なことで、予定していたことがその通りできなかったということだ。
 某仕事の件であるところからメールが今朝までに届くことになっていて、それを 10 時頃までには片付けてしまうつもりでいた。
 そのために、実はいつものより早めに起きて、海に行き、Web の更新をすませておいたのだ。できたら 9 時にはデスクに向かって、準備するつもりでいたからね。

 ところがメールが届かない。
 メールの送信者が直接ぼくに送るのではなく、クライアントを経由するために遅れているのかと思ったんだがそういうわけではなく、メールが届いていないのだ。
 予定していたことが予定していた時間に手をつけることができなくなった途端、今日なにをやりたいのか頭の中で整理できなくなってしまった。
 というか、よくよく考えてみれば優先順位をきちんと割り振っていなかったことが原因なんだよね。
 なんとなく昨日まで、その日にやりたいことがきちんと予定通りできていて、不測の事態に備えるという頭がなかったのだ。

 とりあえずメールを送るはずの人と連絡がとれて、そのあと仕事に取りかかったんだが、しかし、なんとなく落ち着いて仕事ができなかったのは事実。
 なので昨日は予定をちょっと変えて、外出してあれこれあまり頭を使わずにすむ用件を片付けることにした。

 で、今朝その余波が襲いかかって来たわけだ。
 昨日やるつもりだった仕事を今日やればいいんだが、その他にもいろいろとタスクが頭の中で渦巻いてうまく整理がつかない。
 タスクの管理とかについては、大げさなことはやらずに、Toodledo と any.DO でなんとかなっていたんだが、というか、ほとんどルーティンのことだけ Toodledo で管理して、それ以外のやりたいタスクについては頭の中で整理できていたので、ツールを使わずにてきとうにやっていたのだ。
 でも、それが昨日の朝の予定が狂ったことで簡単に破綻してしまった。
 なんたることか。

 結局、スケジュールを調整して、というのは、今日のアポを先方の都合もあったんだが明日にずらして、今日一日を空けてしまった。
 頭の中が整理できない、ということが、こんなに心をざわつかせるものだとは思ってもみなかった。
 タスク管理を甘く見すぎていたというか、舐めていたわけだね。
 今後のことはともかく、近々のことだけでもいいから整理したくて、メモ用紙にやりたいことをリストアップしてみた。今日のところはこれでなんとかしのいではみたものの、やはり面倒だとしてもシステマチックにしておく必要はあるよなぁ。
 そんなことを痛感させられた二日間だった。
 で、明日はどうなるんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.28

7'11"

12_08_28

 今朝の逗子海岸は、颱風の影響でほどよいサイズの波があり、多くのサーファーが平日にも関わらず海に出ていた。たまたま知り合いの人もいて、このボードでサーフィンを楽しんでいた。

 サイズは 7'11"。SUP のボードとしてはとても短い。

 こういうのを見せられてしまうと、ぼくも海へ出たいと思ってしまう。まずは、SUP を再開しないとね。
 それにしても、綺麗なボードだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.27

Evernote を断捨離

Evernote

「Evernote」の新しい使い方をはじめるにあたって、いままで使っていたままでは駄目だろうということで、断捨離することにした。
 というのも、ぼくは「Evernote」を、気になったり、あるいは参考にしたい記事が載っている Web ページをただ放り込んでいくことをメインに使っていたからだ。
 だからノートの 95% は Web サイトのページということになる。しかも、何度も見直したり、チェックしていればいいんだが、そのときだけしか観ていないページがほとんど。
 いや、なかには何度も見直したり、参考にしているページもある。
 といってもその大半は、HTML5 と CSS3 の記事なんだけど。要するに仕事に直結しているものということだ。それ以外のなんとなく気になった記事が載っているページは、そのとき気になっただけというのがほとんどということだ。

「Evernote」の使い方はそれこそひとそれぞれなんだろうが、あまり褒められた使い方じゃないように思う。
 ということで、いままで見直したことがないページや、改めて確認してみて、これはもう必要ないだろうというページをガシガシと捨てていくことにした。

 その結果、やっぱり HTML 関連のページは大半が残ったけど、その他、名刺をスキャンしたノート以外はほぼ全滅といった感じで、きっといままで溜め込んだページの 90% は消去しただろう。
 ついでにノートブックも整理して、これからは Web ページだけでなく、メモやドキュメントなんかを書きためていくことにする。
 とりあえずは断捨離終了ということだね。すっきりしたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.26

湘南オープンウォータースイミング 2012

Ows02

Ows01

 湘南オープンウォータースイミングという大会がある。 Web サイトを確認してみると「チャリティー」という言葉が入っている。
 運営もボランティアで支えられている大会のようだ。実は詳細は知らない。ちょっとググってみたが、ほとんど情報を入手することはできなかった。でも去年も行われたようだし、もしかするとその前の年にも行われていたのかもしれない。

 逗子海岸から片瀬海岸までの 10km がメインのレースだ。海を 10km、しかも片道。他にどんなレースがあるのかよくしらないけど、たぶんそうそうあるレースではないと思う。
 この 10km が昨日行われ、今日は七里ヶ浜から片瀬海岸までの 2.5km が行われる予定だった。
 予定だったと書いたのは、颱風のうねりのせいで今日のレースは中止になったからだ。
 確かに大きなうねりがときおり入っていた。実は、昼間、逗子海岸で泳いだんだけど、何度か波に巻かれてしまってとても泳ぎにくかった。
 この 2.5km は、普通のスイムのほかにモノフィンの部もある。

 たまたま、昨日レースのスタートのとき海岸を散歩していたので、ちょっと興味があって調べてみたんだが、さすがに 10km を泳ぐことは、いまのぼくにはできない。いや、2.5km だって無理。
 でも海を泳ぐということにはこれからもチャレンジしていきたいので、こういうイベントは刺激になるよね。

 10km ってどんな距離なんだろう。走ったことはあっても、泳いだことはないし、まぁ、とんでもない距離だということはわかる。どんなに頑張ったって、ぼくには無理だろう。
 ということで、 Web サイトの大会要項を眺めていたんだが、800m のスイムツアーというやつが今年から逗子でも行われるようになったようだ。

 800m。
 ハーフマイル。
 微妙な距離だよなぁ。
 いや、いますぐ泳げといわれたら無理だ。でもなぁ、もしかして来年とか、再来年とかだったら、チャレンジしてもいいかもしれんなぁ、などと考えるようになったぼくがいる。
 変われば変わるものだが、しかし、800m も海を泳げるのか?
 ぼくには高すぎるハードルじゃないか?

 まぁ、具体的にいますぐどうこうというわけではないけど、しかし、チャレンジという言葉にふさわしいことなのかもしれないね。
 なんていっておきながら、来年になったら綺麗さっぱり忘れていたりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.25

時間の感覚が変わってきた

 もう八月も数日で終わろうとしている。
 ついこの間、桜が咲いたと思ったら、もうすぐ九月だ。時が過ぎていくのは速い。歳を取るごとに一年の進みが速くなっているように感じる。
 感じるんだが、しかしこのところ一日の時間が長く感じられるようになってきた。
 なんか矛盾しているようだけど、ぼくの中では別段食い違いがあるわけではない。確かに、人生というスパンで眺めると時間が経つのは速いんだが、しかし一日という単位で考えると、昔に比べて長く感じるのだ。

 いつ頃からかというと、ポモドーロとか、あるいは GTD とかタスク処理と時間の管理をまじめに考えはじめた頃からのように思う。
 それまで一日をとても大雑把に捉えていたということはある。極端なことをいえば、一日に一タスク的な感じだ。まぁ、30 分で終わるような仕事をしているわけではなく、短いスパンでも 2 〜 3 日かかるような仕事がほとんどだから、今日はというよりも、今週はあれとこれをやろうみたいな感じだったからだ。

 別に仕事がガラリと変わったわけではない。
 やはり同じようなスパンで仕事をすることになる。長いものだと一ヶ月とか、それ以上になったりする。
 でも一日の使い方が変わってきた。
 たとえば、今日は土曜日でそこまでハードに仕事をするつもりではなかったけど、まず朝起きると海まで散歩して、写真を撮り、帰宅すると Web サイトを更新している。
 これでタスクをひとつ、こなしていることになる。
 そのあと、駅の近くのとある会社まで赴き挨拶に行っている。これでタスクふたつ。ついでに帰る途中で買い物もしている。

 これ、以前だと、こういう形でタスクとして捉えていなかったのだ。
 以前なら、今日の午前中にやったことは雑用ということでひとくくりにしてしまっていた。
 これで一日の感覚がずいぶん変わったように思うのだ。
 午後には午後で、タスクを複数こなしている。
 で、いま今日を振り返るといくつものタスクをこなしていて、そのおかげで一日が長く感じられる。どうやらこなしたタスクの数に影響されているようだ。

 これがどんな影響を及ぼしているのか、まだはっきりとわかっているわけではない。
 ただ、一日に実はいろいろなことをしているんだという自覚を持てるようになったことと、その気になればいろんなことができるという自信みたいなものを抱けるようになった。
 まぁ、これいいことだと、いまは思っている。
 この時間の感覚と、一日の時間の使い方については、いろいろと書き連ねていくこともあるだろう。そのときに、また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.23

自転車に乗って

12_08_23

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.22

クラゲ登場

12_08_22

 海月、水母、くらげ。まぁ、どうやって書いても同じなんだが、ともかくクラゲである。
 今朝、海へ行ったら浜に打ち上げられていた。これはミズクラゲという、ごくごく普通に見られるクラゲで、刺胞がちゃんとあるんだけど刺されてもたいした痛みは感じないらしい。
 クラゲは水温が高くなると発生するんだが、というか、そうぼくは理解しているんだけど、日本近海では 6 月〜 8 月が発生期間らしい。

 個人的な話をさせてもらうと、やはりお盆の頃からが要注意だ。
 水温が高くなって安定すると海岸あたりを漂ようようだ。
 電気クラゲと一般的に呼ばれているクラゲが、アンドンクラゲ。立方体の傘に鞭状の触手を持っている。こいつに刺されると痛い。ピリッとか、ビリッといった感じの確かに電気ショックを受けたような刺激を受ける。
 実は、この前の日曜日、東浜のブイから中央のブイまで泳いだときにやられた。今年はじめてのクラゲだった。

 左腕を海中に入れた瞬間、肘のあたりになにかまとわりつく感じがして、ピリッと軽いショックを受けた。触手に巻き付かれると大変なことになるので、肘から払うような感じで水を掻いたんだが、このときこのクラゲは左脇腹に接触して、さらに左足の膝あたりに当たってどこかへいった。
 このときはさほど大した痛みはなく、まだ刺された箇所に痕が残っているけど、ほどなく消えるだろう。といっても今年一杯はかかるかもしれない。

 このアンドンクラゲも痛いが、もっとヤバイのがカツオノエボシだ。
 浮き袋が烏帽子に似ていて、その下に青い触手が伸びている。
 毒性がかなり強く、二度目に刺されるとアナフィラキシーを起こして、ショック死することもあるらしい。

 ぼくは幸いなことに、まだこいつにやられたことはない。普段は沖合にいて、あまり海岸近くにはやってこない。けれど、風やうねりで運ばれてくることもある。
 そろそろ注意しながら泳がなきゃいけないだろう。でも、触手が青くて水と区別がつきにくいんだよね。
 ラッシュガード着て泳げばいいんだろうけど、なんか泳ぎにくいしなぁ。
 ともかく注意しながら、ということなんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.21

そうだ、Evernote があるじゃない

Evernote

 実は、ちょっと前から悩んでいたことがある。
 あるテーマに関するいろいろなメモを順不同で放り込んでいって、あとで俯瞰しながら、ひとつひとつをまとめていけるようなツールはないだろうかと考えていたのだ。テキスト系のアプリだとどんな感じなるんだろう、とか、アウトラインプロセッサかなとか、いっそのこと自分でデザインしちゃうかとまで考えていた。
 そんなことを考えながら、今日、なにげなく本屋へ立ち寄ったんだが、店に足を踏み入れた瞬間に、「あっ、Evernote があるじゃない」ってひらめいた。

 もっと前からわかれよ、という声がどこかからか聞こえてきそうだけど、いままでぼくは Evernote を Web サイトの整理にしか使っていなくて、それ以外の使い方としては名刺の画像をジャンル別に放り込んでいるぐらいだった。だからドキュメントの類を放り込んで、あとで整理していくという使い方をまったく想像することができなかったのだ。
 こういうのを、あたまが硬いというんだろう。

 とりあえず、そう思い至ったので、さっそく明日から Evernote の新しい使い方をはじめることにしよう。
 ある程度、きちんとした使い方が決まったら、また blog に書いていくことにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012.08.20

夏の富士

12_08_20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.19

目標達成!!

12_08_19

 逗子の海水浴場は、東浜から中央、中央から西浜のふたつにブイで分けられている。沖合まではだいたい 150m。ここもブイで区切られている。
 浜は、ハーフマイルビーチというのが謳い文句になっているから、だいたい 800m ほどだろうか。
 今年の夏の目標が、東浜から中央までのブイの間を泳ぎ切ることだった。800m の半分だとしたら 400m。そこまではなくても、300m 以上はきっとあるだろう。

 去年、九月になんとなく海で泳ぐコツみたいなものが身についたようで、それなりの距離が泳げるようになっていた。ただ、そのときはすでに海水浴期間が終わったあとで、ブイもなく、ちゃんとした目標がなかった。それでも自分なりに 200m 以上は泳げていることはわかっていた。
 でも、なんていえばいいんだろう。一応、この距離を泳いだという目処が知りたいじゃない。
 だから今年の目標はブイの間を泳ぎ切ることだったのだ。

 今日、一週間ぶりに海へ行き泳いだんだが、水温もちょうどいいし、というか、このくらい暖かくなってくるとクラゲが出るんだけど、波もさほどなく穏やかだったので、ものは試しということで東浜から泳ぎはじめた。
 途中、人にぶつかりそうになり、避けるために少しだけ平泳ぎに切り替えたけど、なんとか中央のブイまで泳ぎきることができた。

 目標達成!!
 もうちょっといろいろとあるんじゃないかと思っていたけど、泳いでみると意外にあっさりと泳げてしまった。もちろん途中でバテ気味になったこと確かだけど。それでも、のんびりと自分なりのリズムで、波に揉まれながら泳ぐことができた。

 正直にいうけど、高校の頃はクロールで泳いでも 25m が限界だった。
 それがこの歳になって、こうやってのんびりとだけど、数百メートルも泳げるようになると想像もしていなかったんだよなぁ。
 なんていえばいいんだろう。積み重ねていくとそれなりのことができるようになるということを、改めて実感している。

 ということで、次の目標はどうするかなぁ。いきなり東浜から西浜までってわけにもいかないだろうし。
 まだ、夏は続きそうだからもちょっと頑張って距離延ばしてみようか。
 そうそうクラゲには気をつけなきゃね。今日、ちょっとだけだけど刺されちゃったからなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丁度よい

12_08_18b

 今回、法事に来てくれた住職が持ってきてくれたもの。
 お経を上げてくれたあと、この紙を配り、お盆についての話をしてくれた。
 なぜかこの「お前はお前で丁度よい」ではじまっている仏様のことばが心に沁みた。
 考えれば考えるほど意味のあることばのように気がしてならない。とくに、いまのぼくにはとても必要なことばだったのだろう。なぜかとても印象深く、忘れたくなかったので、いただいたものをそっと鞄にしまい、家に持って帰った。

 きっとそのときの状態で読む度に受け取る意味合いは変わるような気がする。
 けれど、この「丁度いい」ということばを忘れずにいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.18

由比ヶ浜の夕暮れ

12_08_18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.17

Web のない国からの帰還

 なんて書くとちょっと大袈裟だけど、法事の関係で出かけていたところがネットに接続できない場所だった。
 一応、WiMAX の端末を持参したのだ。
 国道からさほど離れていないし大丈夫だろうと思っていたのだが、アンテナはまったく立たない状態だった。ある程度、予想はしていたのでそれはそれで仕方ないかとネットに接続しない生活を何日か続けた。

 けれど、やはりこれはいまのぼくにとってはとても不便なものになってしまった。
 まず第一に仕事がいつも通りにできない。
 常時接続した環境でないと、普段通り原稿を書くこともできないのだ。なにかあったらすぐにググる癖がついてしまっているからだ。
 ついでに今回、いまやっているリニューアルの仕事の修正作業をするつもりでいたのだが、Java の動作確認をするためには、やはりネットに繋がっている必要がある。ということで、今回はブラウザによるデザインの崩れなどをローカルの環境で確認するだけということになってしまった。

 メールの確認やニュースのチェックなんかは iPhone でできるので、まだなんとかなったとはいえるかもしれないけど、いま時間があるとなにかを書いたり、調べたり、あるいはだれかとやり取りをしたりしている生活を送っているんだということを、いまさらながら知らされたということだろう。
 ネット依存度が高すぎる生活を送っているぼくにも問題はあるのかもしれないけど、当面はどこかへ行くということになると、まず環境を確保することを第一に考えるようにしないといけないのかもしれない。

 ちなみに Hulu も iPhone で観られたけど、せめて iPad で観られるようにした方がよかったかも。などと思ってしまうところもネット依存度の高さを物語っているのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.10

安物買いの銭失いかも

 朝、海へ行き、写真を撮るのがほぼ日課になっている。
 その写真を「Zushi Beach」というサイトで公開しているわけだけど、仕事の都合で更新できないことがたまにある。
 昨日は、朝からどこへも行かず、というか食事もしないで仕事していたので、もちろん海へ写真など撮りに行っていない。
 今朝はいつものように海まで散歩に行き、写真を撮ってきた。けれど、サイトの更新ができなかった。

 デジカメを iMac に接続してもなんの反応もしないのだ。
 正確にいうと、データを読みにいってくれない。USB のケーブルでカメラを接続しているんだが、カメラそのものを iMac が認識してくれないのだ。
 おかしいなと思い、ケーブルを抜いて、カメラの電源を入れてみた。ちゃんと動く。
 あたりまえだ。バッテリーには気を遣っているし、今朝、海で写真を撮ったばかりだもの。

 とりあえずカメラで画像を確認しようとしたら、しかしなにも表示されない。
 うん?
 何度か電源を入れ直してみて、やってみても駄目。
 表示されないままにしておいたら、「カードを初期化してください」などというメッセージが表示されてしまった。

 どうやら、この前、某家電店で買った、安い SD カードがいかれているようだ。
 そう、これが安かったんだよ。4GB の SDHC カードなんだが、500 円でおつりが来る値段だったのだ。
 フォーマットし直してカメラにセットし直してみたけど、やっぱり駄目。カード自体を認識してくれない。
 まさしく、安物買いの銭失いの見本だよなぁ。

 買ったお金は諦めることはできても、しかし、今朝撮った写真は諦めるには惜しい。
 なんて、ちょっと強がりいってみたりして。はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.09

それで HTML と格闘してしまったわけで

 具体的なことは、まだ書けない。クライアントの OK をもらっていないからね。
 でも、先月からとあるサイトのリニューアルの手伝いをしている。ほんとうは全面的にリニューアルしたいんだが、予算のこともあって、まずトップページをということになった。

 以前なら、とりあえずイメージをサクッと HTML で書いてしまって、それから徐々に仕上げていく形で進めることが多かった。けど、今回はデザインをきちんと決めて、それをそのまま HTML & CSS で作るというやり方にしてみた。
 なんていえばいいのか、この方が細かなところまできちんと把握してからコーディングすることができるからいいんじゃないかなということだ。クライアントによっては、以前の方法の方がしっくりといくところもあるかもしれない。
 けど、これからはこのやり方でやっていくつもり。

 まず Keynote でイメージデザインを作り、それをベースにそのままコーディングしていくことになる。
 これ、やってみるとよくわかるんだが、Keynote って、とても使いやすくて、こういう作業にはぴったりかもしれない。

 おかけでデザインの OK はすんなりといただくことができたので、昨日からうんうんと唸りながらコーディングしていた。
 全体を仕上げるのは、さほど時間がかからない。まぁ、HTML5 と CSS3 でのコーディングにはもう慣れたし、ある程度、がっしりとページを組み上げてしまうことにも抵抗はなくなった。
 今回手こずったのがメニューだ。いわゆるグローバルメニューというやつね。

 一番上の階層の部分はリンクボタン全体をグラデージョンを施した帯で作成する予定だった。
 その下にもいくつか階層があったりして、構造的には ul と li が入れ子になっていく。
 で、その一番上の階層の帯状のところは画像を貼りつけて、なんて簡単に考えていたんだけど、これがなかなかできそうでできない。階層がひとつだけだと、マウスオーバーで画像が入れ替るなんて簡単なんだけどね。これが下の階層もあったりすると、どうやって画像を貼ればいいのかさっぱりわからない。
 ということで、昨日の夜、さんざんやったんだが、まったく目処が立たず、諦めて酒呑んで寝てしまった。

 でも仕上げなきゃいけないので、今日は起きたらそのままデスクに直行。海へも行かず、食事もせず Web であれこれ調べながら、昼前にはなんとか作り上げることができた。CSS3 だけじゃ無理で、jQuery でなんとか想定通りものにできた。
 あとはページ組んでいくだけなので、おにぎり頬張りながら、シコシコとコーディングしていき昼過ぎには完成。
 無事にクライアントの OK いただきました。

 それにしてもちょっと疲れたなぁ。
 まさに午前中は格闘という表現がぴったりの感じで仕事しちゃったからね。
 とりあえずクライアントの OK が出たら、改めて詳細は書くつもりでいる。
 さてと、今日はのんびりと呑みますか。って、呑んでばっかりかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.07

日記風に雑感を

12_08_07

 といいつつ、実は夜中になでしこの試合を観ていないけど、なにか書いておきたいということなので、あまり深い意味はないです。
 まぁ、心配はしていたけど、というか、かなり厳しい試合だったようだけど、それでもなでしこはフランスを破って決勝に駒を進めた。いや〜、凄いです。

 試合全部を録画で観たわけじゃないけど、得点に繋がった宮間の FK はまことにすばらしいキックというか、テクニックの結晶といってもいいかもしれない。
 1 点目は、フランスの GK が前に出てくる習性があることを計算したうえで、ブレ玉を蹴り、ミスを誘ったそうだ。さらにこぼれ球が来るかもしれないと予想して動いた大儀見も凄いけどね。
 で、2 点目がさらにすごい。前に出て失点しているので、今度は出てこないだろうと予想して、フリーになった阪口のあたまに合わせられるように蹴ったんだとか。

 全体的には押され気味で、というか、後半なんか防戦一方で、しかももうただがむしゃらに跳ね返しては取られの繰り返しでかなり厳しかったけど、それをしのいでの勝利だからね。おめでとうだなぁ。

 決勝の相手はアメリカ。
 もちろん相手にとって不足はない。もう最後の試合だし、思う存分楽しんでプレイしてもらいたいと思う。

 などということを午前中、テレビや Web なんかで情報を仕入れて、昼前に外出。
 久しぶりに秋葉原へ出かけた。
 今日も暑い一日。
 そのあと麻布十番へ移動して、夕方帰宅。

 あと一踏ん張りしたいところだけど疲れてしまった。やはり汗を大量に流すと疲れを感じるものなんだねぇ。
 で、今夜は男子の準決勝なんだよなぁ。
 でも明日があるから、観てられないんだよねぇ。
 2-0 で勝つと思い込んで、今夜は寝てしまおう。いや、きっとやってくれるって。ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.05

頭悪すぎでしょ、フジテレビ

 オリンピックの女子マラソンをテレビで見ていた。
 日曜の夜だし、昨日のサッカーの試合のいい余韻もあるし、じっくりとレースを見るつもりだった。
 けど、もうテレビは消してしまった。
 記憶に残っているのは CM だけ。

 コースが周回コースで、しかも道幅が狭く、トップ集団にだれがいるのか、入れ替わりも激しいし展開をていねいに画像とアナウンスで伝えてくれないと、よくわからないレースなのに、フジテレビの放送は、ほぼ 5 分起きに CM が流れるという、あまりにも視聴者を蔑ろにするような、というか、マラソンを冒涜しているだろうというもの。
 現地のアナウンサーは、たぶん CM の入りと、本編の入りの切替がわかっていないようで、放送されていない間のフォローがまったくなくて、もう、だれがどうしたのか、まったく説明なし。

 テレビのコンテンツが酷いことにある程度諦めてはいるとはいえ、これではあまりに酷い。
 酷すぎる。
 ということで、即刻テレビの電源を切り、今後フジテレビの放送はいっさい見ないと心に誓ったのであった。
 こんなことなら、ホリエモンに買われてしまっていればよかったのに、とマジで思うよ。
 営業のごり押しがあったのか、編成の人たちが、視聴者のことをまったく考えられないのか、まぁ、両方だとは思う。現場も現場だけどね。
 ということで、Hulu で NCIS 観よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロンドン五輪 vs エジプト戦

 やっぱり時差 8 時間は厳しい。
 ということで、ここまでなでしこの試合も、男子の方もあまり真剣に見なかったのだが、この試合は 20 時からということで、最後まできちんとテレビ観戦することができた。

 オリンピック代表の戦いぶりをこれまで録画だとか、ニュースだとかで、まぁそういういい方をしていいならつまみ食い的に見てきたわけだけど、予選での戦いぶりとは違って、とても好ましく見ている。
 チームの方向にブレがなく、しかも意思統一がされていて、攻守にわたってとてもコンペティティブに戦えている。それも監督の考え方に割り切りが感じらる。

 そう武器は永井。チームでまずしっかりと守り、鋭いカウンターで攻撃をするといった形だ。
 なによりもボールを奪われた瞬間にスイッチが入るディフェンスの意識、それもピッチにいる 11 人全員が 90 分にわたって労を惜しまず、しっかりと組織で守っているところが素晴らしい。
 これをベースに、永井のスピードと、清武のパスだったり、扇原の展開力だったり、大津の飛び出しが加わって攻撃を組み立てている。
 攻守の切り替えがはっきりとしているところに、予選での戦いとはまったく違うオリンピック代表チームの特徴があるといっていいだろう。

 この試合でも、攻撃ではやはり清武がとてもいい動きをしていた。そして永井へのパスだ。
 それが得点に繋がっている。
 それからもうひとつ。吉田麻也の存在感。ここまで頼もしいディフェンスだったのかと改めてその力を教えられた気がする。相手の攻撃をきちん断ち切るプレイは素晴らしいし、なにより安心感がある。いや〜、いい選手になったんだね、彼も。

 ということで、試合展開をあれこのべても仕方ないので、なんとなく雑感をまとめてみた。
 このチームがどこまで勝ち上がっていくのか、とても楽しみだ。そして、こんな楽しみを抱きながらオリンピックを見るのははじめてなんだが、一番いい色のメダルを期待しよう。
 そう、男女ともね。
 しかし、いつのまに日本はサッカー強国になっていたのだろう。素晴らしいことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.04

Action と Output

 いつの頃だったか、もうそんなに学ぶことなんてないよなと高をくくっていた時があった。
 そんなことはないわけで、学ぶことがなくなるなんて一生ないだろうと、いまではわかっている。というか、いい意味で覚悟ができたといった方がいいかも。
 わかったつもりになっていても、昨日の常識はあっという間にパラダイムシフトして、明日には笑い話になってしまうぐらい、実は世の中は変化している。それを身をもって知ったということだね。

 おもしろいもので、なにかを勉強するとなんとなくそれについていつの間にか仕事と関わるようになったり、忘れた頃に、また必要になったりすることがある。
 昨日、ある仕事の打合せに出かけたんだが、いっときちょっと真剣に勉強しようかと思ったことが必要になりそうな塩梅なのだ。
 そのときにいろいろと調べたことは無駄にはなっていない。もちろん、そのすべてがそのまま活かせるわけじゃないけど、一度調べたことはまたすぐに調べ直して、その内容をアップデートすることができる。

 なんてことをやりながら、いまの自分ができあがってきているんだということを考えたら、そろそろいままでとは違うスタイルで行くべきなんじゃないかと思えるようになってきた。
 今年も半分以上過ぎているので、いまさら今年の目標みたいなことを言うつもりはないけど、これからは自分なりに Action と Output を意識していくことにする。

 Action は文字通り「行動」だ。
 まず実行。それから考える。
 OutPut は、なにかを作り出すこと。いままではどちらかというと Input の方を意識していた。けれど、これからは Output をまず考えようと思う。これは Action にも繋がっているんだけどね。
 ただし、Output のための Input はしない。
 あくまでも自分の中で熟成したなにかを Output していくつもりだ。
 まぁ、そんなことを考えながら、昨日、打合せから帰ったという話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.01

図書館通いが日課になっている件について

 それでも午前中はなんとか自宅のデスクで仕事ができている。
 メールを書いたり、Web 巡りしたりとそんなに集中が必要じゃないことをメインしているからなんだけど、いまは、朝、海まで行って撮ってきた写真を選択して、Web の更新をしてから、いろいろとはじめるので、そのぐらいの軽さのタスクがちょうどいいのだ。
 まぁ、汗のひとつぐらい流れても我慢はできる。

 でも集中してなにかを書いたり、Web サイトのデザインをしたりということになると、やはりこの暑さでは無理。
 ということで、昼食を摂るとそそくさと図書館へ通うのであった。
 なにしろ、T シャツ、短パン、ビーチサンダルという逗子の正装で行けてしまうのがよろしい。
 陽射しが気になるときはサングラスをして、MacBook と iPad とノートを放り込んだ鞄を持って、ぶらぶらと出かける。途中、セブンイレブンでプライベートブランドものの「ほんのりレモン 炭酸水」を買うこともある。
 暑いときには炭酸水がさっぱりしてよろしい。

 席に着くと、まずちょっと Web 巡りなどしてウォーミングアップしてから仕事にとりかかる。
 だいたいその日やりたいタスクは頭に入っていて、どれぐらいの時間をかけるのかも予定しているので、夕食の時間までぐらいには帰ることができる。

 ということで、陽が暮れると、テクテクと歩いて帰り、ずびずびタイムへと移行するのである。
 問題はひとつだけ。図書館通いをしてしまうと、夕方、海へ散歩に行くことができなくなってしまう。ついつい集中して、陽が暮れるまでいるからだ。
 まぁ、その分、朝、たっぷりと海の時間を取ればいいのかもしれないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »