« HTML5 と CSS3 に本腰入れます | トップページ | ガラスコラージュにはじめて出逢った »

2012.06.04

「有名人になる」ということ

「有名人になる」ということ (ディスカヴァー携書)  今年の 5 冊目。勝間 和代「「有名人になる」ということ」読了。
 まぁ、別に彼女のことを毛嫌いしているわけではない。ないのだが、彼女の著書になんとなく手が伸びないのは、やはり心のどこかになんらしかの引っかかりを感じるからなのかもしれない。
 でそれがなんなのか、ということがようやくわかった。

 ようするに彼女は自分のブランドを作り上げて活動するために「有名人になる」という戦略を立てて、それを実行したということらしい。
 なるほどそれはそれでおもしろい考え方かもしれない。
 ということで、その彼女の「有名人になる」プロジェクトの戦略と戦術、あるいはそれを実行していく過程のさまざまなできごとなどをわかり易くまとめた一冊になっている。
 とてもわかりやすくひとつずつ説明しているので「有名人」になる方法ってなんなのという人にはおもしろい一冊だろう。

 自分のブランドを確立しようという考え方に、まぁ、なんていえばいいのか、いろいろな角度からいろいろな見方があることは確かだ。
 だってここまで乱立してしまっては確かに胡散臭い輩も混ざっていそうだからね。
 それでも、そういう言葉での括りは別にして、きちんとした目標を立てて、それに対してプロジェクトの進め方を考えて実行していくというのは、ひとつのやり方としてはとても興味深いし、なるほどと思う。

 ぼく自身は「有名人」になりたいとは思っていないけど、海で会う人となんとなく顔見知りになって話ができる程度にはなりたいと思っている。というか、この本を読んで考えたらその程度だということだけど。

 だから自分の仕事を自分自身を有名にすることという風に考えることはやっぱりできない。
 結果としてそうなってしまうことを、もし望むとしたら、望むだろう。
 で、自分のこれまでの活動をこういう「有名人になるプロジェクト」でしたと説明するという考え方が、まぁ、なんというか勝間和代だし、それがぼくが彼女の著作にちょっと食指が動かない理由ではあるんだよね。

|

« HTML5 と CSS3 に本腰入れます | トップページ | ガラスコラージュにはじめて出逢った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/45578901

この記事へのトラックバック一覧です: 「有名人になる」ということ:

« HTML5 と CSS3 に本腰入れます | トップページ | ガラスコラージュにはじめて出逢った »