« Web サイトのリニューアルに着手 | トップページ | You Tube のダウンローダーがあるんだね »

2012.06.23

幸せな経済自由人の60の習慣

幸せな経済自由人の60の習慣  今年の 7 冊目。本田 健「幸せな経済自由人の60の習慣」読了。
 いつ買ったのかよく覚えていないんだが、iPhone と iPad に入っていたので、たぶんアプリになってすぐに買ったんだろう。iTunes Store で 85 円だったけど、確か特別価格だったような気がするんだが、いま確認したらまだ 85 円だった。
 この価格だと、この手の本を読むにはまったく抵抗感がない。
 もちろん作者とその内容にもよるけどね。

 ということで、アプリでいいのは、いつでもどこでも読めるということだ。小説なんかだと読みたい時間だったり、読みたい場所があったりするんだが、というのもどっぷりとその世界に入り込んだ方が断然たのしめるからなんだけど、ビジネス書の場合はあまり関係がない。
 ぼくは曇り空の下、浜辺で椅子に座ってさくっと読んでしまった。

 本田健の本は確か「ユダヤ人大富豪の教え」をいつだったか読んだ覚えがあるんだが、それ以外には本屋で何冊か手に取ることはあっても買うところまではいっていなかったような気がする。
 この手の本は、なんてひとくくりにしてはいかんのかもしれないが、だいたい内容的には同じようなことを、その人なりの立ち位置と視点で書いているので、だいたい読後感といったものは似たり寄ったりだったりする。

 内容の主旨は安定を求めるのが一番リスキーなことなんだということがひとつ。現状維持を求めてもたぶん手に入るのはそれ以下のものになっていってしまうというは往々にしてあり得ることだ。
 それから自分で望まない限り、なにも手に入らないということだ。

 この本では、「人間関係」と「ビジネス」、「お金」それに「願望達成」の四つの切り口から彼がいうところの「経済自由人」なりの考え方やスタイルといったものを説明している。
 他の成功本や自己実現の本とちょっと違うのは「人間関係」に重きが置かれているところかなぁ。
 ぼくは人見知りするから、本田健がいっているように、まったく見ず知らずの人に声をかけるなんてできないので、特に印象に残ったのかもしれない。

 でもそんなに突拍子もないことをいっているわけではなく、いますぐに誰にでもできることを書いていることは確かだ。そういう意味では、とてもわかりやすいのかもしれない。
 逆にいうと、この手の本をすでに多く読んでいる人には、ちょっと物足りないのかもしれない。
 しかし、本屋に行くとこの手の本が多すぎる気がする。というか、ぼくがそのコーナーに行きすぎているんだろうか?
 もしかしたら、それもあるかもしれないなぁ。もうそろそろ卒業したつもりではいるんだけどね。

■ 幸せな経済自由人の60の習慣
幸せな経済自由人の60の習慣 - Eight Apps

|

« Web サイトのリニューアルに着手 | トップページ | You Tube のダウンローダーがあるんだね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/45798818

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せな経済自由人の60の習慣:

« Web サイトのリニューアルに着手 | トップページ | You Tube のダウンローダーがあるんだね »