« 風があるから | トップページ | 束の間の陽射し »

2012.02.05

ロンドン五輪最終予選 vs シリア

 そういう考え方でよければ、引き分けでいい試合だった。負けさえしなければ、予選トップのポジションを譲ることはない。ただ負けてしまうと自力でトップの位置を取り戻す方法はない。
 だからディフェンシブに試合に入るのはあたりまえだと思う。
 がしかし、なにがなんでもロングキック一辺倒でいいのか、という疑問が残る。
 攻め込まれた際に、ただ闇雲に蹴り返す。まるでなにも考えずにサッカーをしている中学生の試合みたいだ。こういう展開になると、だいたい蹴り返したボールは相手に渡ってしまう。前半はともかく完全なシリアペース。
 どうして自分たちのいいところを消してまで、ただ蹴り返して、カウンターを狙うことにこだわってしまったのだろうか?

 大迫と永井のふたりで同点に追いついたのは、しかしラッキーだった。
 後半は、この同点のまま、きちんと試合を終わらせればそれでよかったはずだが、それでも、パスで相手を崩していく日本らしい展開はほとんどといっていいほど見られなかった。
 リズムに変化もなにもなく、ただ相手に合わせて試合をしてしまう。
 扇原が入って中盤ですこし溜めることができるようになってきたが、しかし、全体的には一本調子のまま。
 見ていて遠藤という存在の大きさを改めて感じてしまった。
 チェンジオブペースを自在にできるのは、大いなるメリットだ。けれど、このチームに遠藤はいない。

 後半の失点はやむを得ないものだったかもしれない。ただ、試合を自分たちで、いつものようにボールポゼッションをベースにコントロールしていれば、ああいう展開にならなかっただろう。
 そういう意味では、負けるべくして負けたといういい方ができるかもしれない。

 ということで、1-2 で負けてしまった。
 シリアとの差は得失点差。残りの試合にどれだけ点を積み重ねることができるのか、それが問題になる。
 次の試合に期待しよう。というか、それしかないよね。

|

« 風があるから | トップページ | 束の間の陽射し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/44004158

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドン五輪最終予選 vs シリア:

« 風があるから | トップページ | 束の間の陽射し »