« 2011 年の夕暮れ | トップページ | 快晴 »

2012.01.03

今年予定しているアプリのラインナップ

 年が明けて、もう三日目。
 今年はカレンダーのいたずらのせいで、明日から通常営業になるところが多いはず。ぼくも明日からはいつものような形で一日を過ごすことになると思う。
 ということで、その前に今年の目標などをつらつらと書いてみたい。もちろん仕事に関して、ということだけど。

 去年まではいろいろとあって、仕事の組み立てがとても困難な時期が続いていた。
 はっきりいって予定通りなにかが進んだということがほとんどなかったせいだ。それについていろいろと書いていくと長くなってしまうので、ここでは割愛。ともかく今年の目標を。

 まずアプリの開発について。
 今年は 5 タイトル作りたい。そのうちの 2 つはゲームアプリだ。シンプルで繰り返しプレイが楽しめるアプリ。じつは企画書はできていて、あとはプログラムを組むだけという状態になっている。
 でも、ぼくにはプログラムは無理なので、完成させるためには協力してくれるプログラマを探さなければいけない。

 それにアイディアをまとめるためのツールアプリ。
 あれこれ企画をまとめるときにこんなアプリがあったら便利だよなという機能をまとめてみた。
 これも企画書はすでにできていて、プログラマを探すだけ。構造的にそんなに複雑ではないので、手慣れた人ならあっという間に作れてしまうだろう。
 でも、プログラマの素人のぼくには無理だけどね。

 あと 2 本は、どちらかというと閲覧系のアプリ。
 ひとつは、いまぼくの住んでいる逗子やとなりの鎌倉を新しい形で紹介していくようなアプリだ。コンテンツの内容については、友だちにも協力してもらうことになっている。逗子については、Web で展開していた Zushi Beach を発展させていくことを考えている。
 Zushi Beach については、もしかしたらぼくにも作れるかもしれないということで、去年の秋の終わり頃からいろいろとやっている。全体像がまだきちんと固まっていないので、これはなんともいえない。けれど、夏前にはアプリとして完成させたいと思っている。
 最後の最後でプログラマのヘルプが必要になるかもしれない。

 もうひとつは「タツノヒコ」というタイトルのアプリ。
 なぜこれだけタイトルがきちんと決まっているのかというと、どちらかという読み物系のアプリで、その内容からタイトルが決められているから。これは、できたら制作過程を順次この blog で発表していきたいと思っている。
 で、現在はどういう形になっているのかというと、物語の全体の雰囲気はすでにぼくの頭の中にあって、アプリとしてもどう動作するのかはある程度決まっている。グラフィックのタッチなんかも構想としてまとまっている。
 でも、モノがモノなだけに、まずベースのストーリーをきちんと作っていきたいと思っている。
 アプリとして動作させるのは、極論をいうと最後でも大丈夫だろう。
 ということで、まず物語作りからはじめることになる。
 もちろん、これはぼくひとりでもできること。ということで、明日からスケジュールを組んで、はじめていくことにする。

 今年はこの 5 タイトルをアプリとして完成させて、公開したいと思ってる。
 プログラマの協力が必要で、その問題さえクリアしてしまえば、3 タイトルはあっという間にできてしまうんだけどね。
 でも、一番難しいのも協力してくれる人を探すことだよね。それは去年一年で痛感していることでもあるし。
 ということで、今年の仕事の目標、アプリ編でした。

|

« 2011 年の夕暮れ | トップページ | 快晴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/43606511

この記事へのトラックバック一覧です: 今年予定しているアプリのラインナップ:

« 2011 年の夕暮れ | トップページ | 快晴 »