« 雲の向こうの富士 | トップページ | まだ腫れてるよ »

2011.08.07

こんなチャレンジ

 拠のない仕事が終わって、さていつもの毎日へ。
 とはいえ、二ヶ月も過ごしてしまうとそれなりのパターンができあがってしまうのも、また当然のことといえる。それでも土日はあまり変わっていないといえばそれまでか。
 二度ほど打合せが入ったけど、まぁ、それ以外は休日ではあってもできる仕事はそのままやっていたから、相変わらずといえば言えるのかもしれない。

 ただ今回、家電量販店の店頭で実はとても多くの人たちがパソコンについて、相談したいけれどその相手がいないということを痛切に感じさせられた。パソコンが必要な時代になってはいるけれど、しかしその基本を理解している人たちはそんなに多くない。
 パソコンは道具だ。情報機器のツールに過ぎない。
 しかし、やはり特別なところはある。
 使い方を知ってはいても、パソコンがいったいなんなのかをきちんと理解していないと、いざなにかあったときに対処することができない場合がある。そんなときに相談する人がいないという悩みを抱いている人たちが意外に多いことを、身をもって知らされたわけだ。

 そこで、そういう人たちのためになにかできないか、と考えるようになった。
 もちろん売り場にいるときには、どんなことでも相談に乗ることでなんらかの解決の糸口やヒントを与えることはできた。しかし、その場から離れてしまったいま、ぼくにできることはなんだろう?

 それなら個人でもそれを続ければいいじゃないか、と考えるようになった。
 ということで、仕事としてやってみることを考えている。
 簡単にいうとパソコンをはじめとするデジタルツールのなんでも相談を、個人ベースで受け付けるということだ。しかも、お宅にお伺いして、ひとつひとつアドバイスなり、解決方法のヒントなりを教えていくつもりだ。
 まぁ、どこまでできるのかはわからないけど、人のためになにかできることといったら、ぼく自身が知っていることを人に教えることで、困っていることを解決してあげることだろうとマジで思っている。

 概要は、このページにまとめてみた。
 もちろん、逗子の近郊でなければ訪問することはできないので、なるべくは逗子・鎌倉地域ということになる。どこまでできるのか、とりあえずチャレンジしてみたい。
 もし、知っている人がこんなことで困っているということがあれば、ぜひお知らせを。

 明日から、簡単なチラシをポスティングするところからはじめる予定だ。
 ともかく、ひとりでもいいから、困っている人がいれば、きちんと対応してあげたい。そこからスタートだね。

|

« 雲の向こうの富士 | トップページ | まだ腫れてるよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/41119850

この記事へのトラックバック一覧です: こんなチャレンジ:

« 雲の向こうの富士 | トップページ | まだ腫れてるよ »