« 波の模様 | トップページ | 海で泳ぐ »

2011.07.15

MOLESKINE

 MOLESKINE を使いだしたのは、去年のはじめのことだったような気がしているんだが、もしかしたら多少ずれているかもしれない。
 ともかく、はじめての MOLESKINE 。それまでリフィルタイプのメモをメインで使っていたので、一冊に綴じられたメモを使うのは、さて、いつ以来なのか記憶にないぐらい久しぶりなことだけは確実だ。

 ちょっと小振りなノートをどうやって使えばいいのか、とりあえずいままでなんでも、と書いて考えてみたけど、確かにどんなことでもリフィルには書いていたので「なんでも」でいいのかもしれないんだが、頭に浮かんだことや、打ち合わせの内容、本を読んで気になったフレーズなど、思いつく限り書けることは、メモしてきた。
 それがもうあと数ページで終わろうとしている。

 そうか、もう一冊終わるのかと、いままで書いてきたページを繰って、過去に書いたことをパラパラと読み返してみた。まあ、よくもこんなになんの脈略もない、断片的なことでページを埋めたものだと、若干呆れてしまうような一冊になっていた。
 で、次は……というところで、手が止まった。
 また、MOLESKINE でいいんだろうか?
 書き終えた MOLESKINE をストックして、また新しい MOLESKINE を同じように使うことでいいんだろうか?
 そんな、とても素朴な疑問が湧き上がってきたのだ。

 断捨離的な考えでいけば、書き終えたノートは「捨」すべきもののように思えるのだ。
 が一方、いままで確かに愚にもつかないようなくだらないことで埋め尽くされていようと、もしかしたらこれからなにかの役立つことが、いやそこまではいかなくても、なんらかのヒントや手掛かりになるのではないかと思うと、正直もったいない気はする。
 断捨離なのか、それとも、いままで考えてきた足跡として価値のあるものなのか。
 思いきるのがちょっと難しい。ふむ。

 それはともかく、次はどんなノートにしようか?

|

« 波の模様 | トップページ | 海で泳ぐ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/40849041

この記事へのトラックバック一覧です: MOLESKINE:

« 波の模様 | トップページ | 海で泳ぐ »