« イノベーションって | トップページ | 海で惚けるには »

2011.06.19

オリンピックアジア二次予選 vs クウェート

 フタを開けるまでどんな試合になるのか想像がつかなかった。
 が、開始早々日本とクウェートの力の差ははっきりとわかった。日本の方が上なのは明らかだ。立ち上がりから日本が攻め立てる。
 ただ、この攻撃が続いている間に点が獲れなければいやなムードになるんだが、などと心配したんだが無用だったようだ。サイドから崩すと、大迫の裏にいた清武のナイスヘッドで先制。そのまま日本が支配する格好で、しかも追加点も奪い、いいペースで前半を終えた。

 このまま無失点で終えてくれればと思っていた後半。クウェートも前がかりになり得点を狙う。
 が、大迫のシュートで 3 点差。これでこのまま試合をクローズさせれば完勝だったんだが、ことはそう簡単にはいかない。
 クウェートの攻撃を巧く捌いて追加点を獲った油断からか、ミスからボールを奪われて上げられたクロスを跳ね返したら、クウェートの選手にきっちりと返ってしまった。これをそのまま蹴り込まれ失点。

 日本のプレイヤーだとボールを落ち着かせてから蹴ることが多いんだが、世界が相手だと多少無理な体勢だろうが、ボールを受けた瞬間にシュートしてくる。
 確かにシュートは巧かったが、明らかなミスからの失点。これを今後の糧にしてくれればいいんだろう。
 もっとも今回のレギュレーションではアウェイゴール方式なので、これが高価な糧にならなければいいんだけどね。
 次は、クウェートでのアウェイ試合になるんだが、ごく普通に試合をすれば負けることはないだろう。もちろん、あくまでもごく普通に試合ができれば、だけど。
 ええ、かなり心配性なんです。

|

« イノベーションって | トップページ | 海で惚けるには »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/40468168

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピックアジア二次予選 vs クウェート:

« イノベーションって | トップページ | 海で惚けるには »