« ある日突然、ということがある | トップページ | だから日常は »

2011.06.15

それでも埋没する日常

 このところいつも同じ時間の電車に乗って出かけているわけだが、今日はアクシデントのために、遅れてしまった。
 人身事故のためだ。
 図らずもいつもとは違う午前中になってしまった。毎日を特別な今日にしようということを心がけていたが、今日は朝からいつもとは違う。 しかし、これで今日が特別な一日になるんだろうか?

 いままでにもこういうことはあった。しかしそれでその日が特別な日になった記憶は、実はなかったりする。
 そうなのだ、こういうアクシデントでその日が特別な日になることは、ほとんどないといっていいだろう。
 確かに、何十分か、あるいは一時間ぐらいは時間を無駄にしてしまうかもしれない。午前中はちょっと慌ただしいものになってしまうだろう。でも、それだけだ。

 午後になってしまえば、きっと電車が遅れたことなど忘れてしまい、いつものような一日になるだろう。それほど、日常というやつは単調で平板な日々に埋没させてしまう力を持っている。こいつがなかなか侮れない。
 逆の言い方をすれば、特別な一日にするには、それなりの覚悟なり、意思が必要だということだ。
 日常に埋没しないための創意工夫と覚悟。しばらくらこいつを身につけることをきちんと考えるようにしないといけないだろう。
 ということで、結局今日はそこまで特別な一日になってはいない。まぁ、考え方によればあたりまえだけど、いつもとは違う日ではあるんだが、特別な日ではなかった。
しばらくは埋没しない工夫を心がけるしかないんだろうなぁ。ふむ。

|

« ある日突然、ということがある | トップページ | だから日常は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/40411536

この記事へのトラックバック一覧です: それでも埋没する日常:

« ある日突然、ということがある | トップページ | だから日常は »