« 久しぶりの富士 | トップページ | 海の朝 »

2011.05.14

I Shot the Sheriff


 そういえば海を眺めているときに聴く曲のプレイリストを作らなきゃと思って iTunes を眺めていたら、突然、Clapton が聴きたくなってしまった。
 なぜだかわからないが、ときどき、突然聴きたくなる曲というやつがある。
 一ヶ月ほど前はそれが Bob Dylan の「風に吹かれて」だった。で、今日は、Eric Clapton の「I Shot the Sheriff」。
 脈略もなにもあったものじゃないが、聴きたくなってしまったものはしようがない。オリジナルの音源を、残念だが持っていないので、とりあえずこういうときは You Tube ということで探してみた。
 ライブの映像がいろいろあるんだなぁ。
 ということで、その中から選んだのがこのバージョン。ボーカルのパートはライブだからということもあって、メロディがちょっとだけ変わっているけど、しかし味があってよろしい。Clapton の声っていいよなぁ。
 と思っていたら突然ギターソロになった。

 これがすごいソロだった。
 そもそもこの手の、というかクラシック以外の曲を聴いて、涙が零れそうになる経験なんて、そんなにあるものじゃない。若い頃は唄の歌詞が失恋のショックと重なったり、苦い経験を思い出してみたいなことはあっても、この歳だから、そんな経験と曲が重なったとしても、正直いって屁でもない。
 なのに、このソロを聴いていたら、涙が零れそうになってしまった。
 歌詞の意味ではなく、純粋に音を聴いてこんな状態になるなんて、滅多にあることじゃない。演奏している音そのものに心を揺さぶられたからなんだろう。
 とても素晴らしい体験をしてしまった。
 しかし、それにしてもいい演奏だ。なんだかとても楽しそうに演奏している Clapton を見ていたら、ぼくもギターが弾きたくなってしまった。って、はい下手ですけど。

|

« 久しぶりの富士 | トップページ | 海の朝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/39985974

この記事へのトラックバック一覧です: I Shot the Sheriff:

« 久しぶりの富士 | トップページ | 海の朝 »