« 飛べ!! | トップページ | パシャ »

2011.03.18

マスコミュニケーション

 地震と津波のショッキングな映像が一段落したら、今度は福島第一原発の話題ばかりだ。
 しかし、そのニュースの内容が、ぼくにはきちんと伝わってこない。
 どういうことか?
 ほんとうはなにが起こっているのか、それはどの程度の危険な事象に突入しているのか、これから考えられる最善のシナリオと最悪のシナリオはなんなのか、まったくわからないのだ。
 そもそも、政府と東電がしかるべき情報を流していないのかもしれない。
 けれどニュースをぼくたちにきちんと伝えるべき役目を果たさなければいけないマスコミが機能していないとしかし思えない。
 いたずらに刺激的なタイトルで煽っているのではないか?
 あるいはただ渡された資料のデータ値を理解もせずそのまま載せてるだけじゃないんだろうか?
 だいたいテレビでニュースを見ていても、単なる憶測の上に憶測を重ねて、ほんとはなにが起こっているのか、もしかしてマスコミの人たちもさっぱりわかっていないんじゃないかとすら思えてくる。
 Twitter の TL だってそうだ。専門家でもない人たちが、正確な情報を持っていないにもかかわらず、憶測を並べているようにしか思えない。
 だから、首都圏を脱出しようなどという扇情的な言葉を投げかけられても、さっぱり反応できないでいる。
 いまのぼくには、空気中を飛散して鼻を詰まらせる花粉の方が重要な問題だ。

 しかし、マスコミってほんとうにいまの日本に必要なの?
 というか、そのマスコミといわれている組織の中に、ほんとうの意味でのジャーナリストってどれぐらいいるんだろうか?
 居丈高にインタビューの相手を詰問してみたり、説明をちゃんと聞いていればわかることを何度も質問してみたり、どういう意識でこの人たちは仕事をしているんだろう?
 今回の災害では日本のいろいろな側面を見せられることにもなったんじゃないかと思うけど、そういう意味ではジャーナリストと称している人たちの酷さにはほとほとあきれてしまったというのが正直な感想なんじゃないだろうか。きっとそれはぼくだけではないはずだ。
 情報を読み取るリテラシーが必要だということは、ネットが普及しているいまとても大切なことだと思う。しかし、そのリテラシーが必要になる理由の一つとしてまともなジャーナリストがこの国にはいないということもあげられるのかもしれない。
 それは、ある意味では今回露呈した悲劇のうちでかなり大きな位置を占めているとぼくは思う。

|

« 飛べ!! | トップページ | パシャ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/39287365

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミュニケーション:

« 飛べ!! | トップページ | パシャ »