« 風の日 | トップページ | 二月のある日 »

2011.02.26

iMovie - ちょっとまじめにムービーを編集してみる


 先週、ちょっと試してみようということで撮影したムービーデータを iMovie を使って簡単に編集してみた。というか、ちょっと画像つなぎ合わせて、その間はトランジションで埋めただけなんだけど、それでもなんとなく編集した気分になっていた。
 ただ、ムービー用のカメラがないので、まともなカメラを購入してから、再チャレンジするつもりでいたんだが、あまりにも天気がよかったので今日もデジカメでムービー撮影して、それを編集して YouTube にアップしてしまった。
 って、まさしく「しまった」という表現がピッタリかもしれない。

 とりあえず今回は前回よりももうちょっと編集らしいことをしてみようということで、タイトルを入れてみた。
 実は使用するムービーを選択してつなぐだけだと、あっけないほど簡単にできてしまうんだが、このタイトルの挿入も実に簡単。しかもいろいろなパターンが用意されていて、その中から選んで文字をタイプするだけだったりする。
 もちろん表示する長さなんかは自由に設定できるようになっている。
 こうやって使ってみると iMovie のすごさがわかる。というか、Apple が用意してくれているアプリケーションの使いやすさって群を抜いているよなぁ。ただ映像つなぐだけならまったく説明なんて必要ないもの。体感的にできてしまう。
 とりあえずできあがったものは YouTube にアップして、この前作った Zushi Beach のページでも見られるようにしてみた。

 これで終わりかというと、そういうわけではない。
 まだ、いろいろと試してみたいことがあって、この際だからということで、iMac に入っている iMovie でさらにいろいろとやってみることにした。というか、実はさっき確認してみるまで iMovie は MacBook にしかプリインストールされていないとばかり思っていて、まさか iMac でできるとは思ってもみなかったのだ。
 さっそく起動してみると、バージョンが新しいため若干メニュー周りに違いがあったけど、操作はほとんど同じ。むしろトランジションとかなんかのパターンも増えていて、より実用的になっている。で、マウス使って、そうなんだよね、MacBook ではほとんど文字の入力がメインなのでマウス使っていなかったんだよ、あれこれ作業してみたが、とても使いやすい。
 もっとスピードに差があるのかと思ったけど、それはさほど違いはない。ただ、素材の読み込みなんかは早い。

 ということで、いろいろと試してみて、さらに YouTube に直接 iMovie からアップするのではなく、いったんムービーーファイルをはき出させてアップしてみたりと画質に変化があるかどうかのチェックをしてみた。
 これは、まったくといっていいほど変わりなし。ということは、YouTube にあげるなら iMovie からそのままでいいのかもしれない。

 で、さっき BGM を乗せるテストを。
 素材のムービーがデジカメの画像なので、風の音が激しくあまりにも耳障りなので、音声をそのまま使うことができない。
 実際に YouTube にアップしたデータはサウンドをわざと絞ってほとんど聞こえないようにしておいたんだが、BGM をかぶせてみるとどうなるのか試しておきたかったのだ。
 で、適当な曲を iTunes から選んでそのまま BGM として設定。元の音声の絞り具合をたれこれ試してとりあえずテストバージョンは完成。
 さすがに著作権の問題があるから、この BGM 付きのムービーはアップできない。ということで、ローカルで自分だけがいつでも試せるようにしておくことにする。

 とりあえず次のステップは、まともなカメラだな。そのときには、iLife の最新版も買わなければ。
 でもその前に風の音をなんとかしなくては。これは急務だね。

|

« 風の日 | トップページ | 二月のある日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/39029140

この記事へのトラックバック一覧です: iMovie - ちょっとまじめにムービーを編集してみる:

« 風の日 | トップページ | 二月のある日 »