« Do it ( tomorrow ) | トップページ | want to と have to »

2011.01.26

アジアカップ vs 韓国戦

 アジアカップの準決勝。
 vs 韓国戦。
 どういう形容詞をつけるのかは好みの問題なので、この際、気にしないことにして、とりあえずライバルとの対決ということになる。
 サッカーによらず、過去の対戦成績がこれからの戦いになんらかの影響を与えることはあまりないし、それに拘泥してもなんにもならないと思っているので、ぼくはそういったデータをあまり気にしないようにしている。
 サッカーの試合は過去で決まるのではなく、これからピッチでするものだから、ね。

 今回のアジアカップの試合をテレビ観戦していて思うのは、なぜだか負ける気がしないことだ。
 負けてもいい試合なんて公式戦にはありえないことはわかっていても、ああ、これは負けると思うことが確かにある。しかし、今大会ではそういった感覚になったことがない。
 この試合、立ち上がりから韓国がガンガン飛ばして、というのが大方の予想だっただろうし、ぼくもそう思っていた。が、実に落ち着いた立ち上がりだった。もしかすると中二日という日程的なことがあったのかもしれない。
 そのおかげで日本は冷静にパス回しをすることができた。
 しかし不意の失点。それも審判の笛による失点。この反対に納得している人はあまりいないだろう。しかし、この日の主審は、なぜかぶつかると日本のファールを取っていた。どう見てもイーブンだろうという接触に対しても、ほぼ 100% 日本の反則になっていた。ということを考えると、今野のあの応対はどうだったのかという疑問も若干残る。しかし、エリア内でパク・チソンにボールを持たせたくないのも事実だからなぁ。

 それでも日本は冷静に試合を運び、というか、今大会で一番充実した試合内容を見せてくれたといってもいいだろう。パスのリズムには変化があり、中盤から前の選手が自由にポジションをチェンジして、韓国のディフェンダーたちをまるで煙に巻くようなプレイの連続でチャンスを作り、本田からの絶妙なスルーパスを長友がエリア内にドリブルしていき、前田にプレゼントを贈るようなナイスパスで得点。
 気落ちするどころか、きちんと同点に追いついてくれた。

 しかし、この充実したプレイぶりも前半だけ。後半になって韓国のペースは落ちるんじゃという甘い期待を、このライバルチームは裏切り、日本の再度攻撃を封じると、自分たちがいまできるプレイに終始し、日本を圧倒していく。
 しかしなんとか日本はしのぎきり、試合は延長戦に。

 延長もどちらかというと韓国のペース。
 しかし不思議なことが起こるものだ。あれだけ日本のファールを取っていた主審が、エリアに進入したかどうかというぎりぎりのところで倒された岡崎のプレイに笛を吹き、なんと PK をプレゼントしてくれた。
 この PK を本田はまたも正面に蹴り、しかし今度は GK にはじかれたのだが、キックと同時に走り出していた細貝がそのこぼれ球を蹴り込んで逆転。
 そのあとは時間をつぶしていく日本だったが、延長後半終了間際、交代で入った本田拓が相手を倒してしまって FK を与える。エリアに蹴り込まれたボールをはじき返そうとした日本だったが、何度目かの跳ね返りをゴールに蹴り込まれて同点に追いつかれてしまった。
 確かに本田拓のプレイはほめられたものではないが、フレッシュな状態で入った選手が、それまでピッチに立っていた相手選手の状態がわからずにファールしてしまうことはたまにあること。これは難しい問題だね。このぐらいのアタックなら交わせるだろうと思って突っ込んでみたら、相手は疲労で動けずそのまま削ってしまったという感じだろうか。

 とりあえずこれで試合は PK 戦に。
 勢いは当然追いついた方にある。最初のキックがゴールに決まるとなぜか追い込まれた心境になりがちだったのだが、ここで踏ん張ったのが、なんとも試合中は優柔不断気味なプレイをしていた川島。いい感じで開き直れたのだろう、ひとりだけではなく二人目の PK もセーブ。三人目はゴールをはずしてくれた。
 先行の日本は本田がきちんとゴール隅に入れ、岡崎も続き、長友が外したけど今野が決めて、PK 戦は 3-0 で勝利。
 とてもタフな試合をものにした日本だが、カタール戦の時とはちょっと違った喜びが湧いてくる。ライバル相手のこの勝利の味はやはり格別だ。このままの勢いで次ぎのオーストラリア戦も勝ち、優勝でこの大会を飾ってもらいたいものだ。
 もちろん対戦相手のオーストラリアも強いから、これまたタフな試合になるだろうけどね。それもフィジカルの強い相手だから、文字通りタフな試合に。

|

« Do it ( tomorrow ) | トップページ | want to と have to »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/38616571

この記事へのトラックバック一覧です: アジアカップ vs 韓国戦:

« Do it ( tomorrow ) | トップページ | want to と have to »