« 疚しさについて たぶん、その 1 | トップページ | 海の色 »

2011.01.12

Almost cut my hair

 髪の毛が伸び放題になっていた。
 かれこれ半年以上、切っていないから、それこそ無法地帯といってもいいような伸び方をしていて、すごいことになっていた。が、まぁもっと伸びてしまえば縛ればいいだろうと気楽に考えていたんだが、奥さんや娘にとってそうではなかったようだ。耐え難いヘアスタイルだったらしく、この日、髪を切るように厳命が下った。
 ということで、なぎさ通りから一本奥に入ったところにある「Deiz」で髪を切ることに。

 どんな風に切りますかと聞かれも、特に好みのスタイルがあるわけではないので、限界まで短く切ってくれと頼むことに。以前、綱島の「Max」で切ったときもそういって切ってもらったっけ。
 刈り上げはなしで限界まで、ということで、ばっさりとカット。
 ここまで短く切ると、分け目だとかなんだとか気にすることも、また髪を洗ったあとの手入れなんかも、まったくといっていいけどしなくても大丈夫だから楽だよね。寝癖がついたら、そのまま髪を濡らせば OK だし。短いとほんとうに楽だよな。
 丸坊主だともっと楽なんだが、それはそれで奥さんが嫌がるんだよなぁ。

|

« 疚しさについて たぶん、その 1 | トップページ | 海の色 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/38464416

この記事へのトラックバック一覧です: Almost cut my hair:

« 疚しさについて たぶん、その 1 | トップページ | 海の色 »