« 雪化粧 | トップページ | トワイライト »

2010.12.01

いまさらだけどこのところテレビ見てます

 このところテレビをよく見るようになった。
 もうテレビなどあまりにもくだらない番組ばかりだから見るつもりなどないと思っていたし、実際にバラエティなんか一切見ないこのぼくがテレビだ。
 もっとも民放は見ない。いや、だから公共放送のドラマが好きだというオチでもない。
 見ているのはもっぱらケーブルテレビで、プログラムはほとんどがクライム・サスペンスもの。まぁ早い話が犯罪捜査もののドラマということになる。それもアメリカの番組ばかり。CSI シリーズや、NCIS、メンタリストや、クリミナル・マインドなどだ。あと、奥さんが好きなので名探偵モンクも見ているなぁ。
 そういった番組を見馴れてしまうと、民放の刑事ものなんかは見られなくなってしまう。

 これは娘の感想なんだが、これだけドラマがあっても被っている役者がまったくといっていいほどいない。これが日本だとそういうわけにはいかない。どこかのチャンネルで見たあの人や、この人が、同じ日の別のドラマに出ていたりする。ところがさすがはエンターテイメントの本場だけあって、アメリカのドラマ見ていると判るんだが、同じような役所はたくさんあっても、それを演じる人はことごとく別の役者。しかも、子役まで揃いも揃って演技が普通に上手い。格別上手いわけではないんだが、どんな端役の人だってきちんと演技ができている。死体の役だって大したものだと思えるほど。

 当然、それぞれのシナリオはとても練られている。もうどこからそんな情報を仕入れてるんだというほど詳しいシーンがあったり、どんでん返しや、ストーリーに一捻りどころか、二回半ほど捻った展開が待っていたりする。
 そしてカメラワークに凝っていたり、シーンの繋ぎ方に工夫があったり、仕事としての完成度に関して、ちゃんとしたこだわりを感じることができる。
 このこだわりは大きい。通行人がいたい殺人現場だったり、たとえば警察署内でもエキストラを使いたくないんだろうが、片手で数えられるほど出演者が少ない。ついでにいえば、観光スポットで事件の経過を話し合ったり、なぜかいつも海岸の波しぶきがかかりそうな場所で告白する犯人などというお馴染みのシーンなんかありえない。

 もちろんビジネスの構造そのものが違うから、比較することはできない。けれど、構造を含めて構築してしまう力にアメリカという国のすごさを感じてしまう。
 だからといってただ指をくわえてみていればいいというものではない。
 この構造を含めて構築してしまうパワー。確かに分野はちょっと違うかもしれないけどエンターテイメントの端っこにいるぼくも見習いたいものだ。

|

« 雪化粧 | トップページ | トワイライト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/37930066

この記事へのトラックバック一覧です: いまさらだけどこのところテレビ見てます:

« 雪化粧 | トップページ | トワイライト »