« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010.10.30

iPad 版もバージョンアップ

Img_0014

「My Railway JR 西日本編」の iPad 版もバージョンアップです。
iPhone 版と同じように運転席カメラを搭載。これで、車両カメラ、運転席カメラ、バードビュー、定点カメラと 4 つの視点が楽しめるようになりました。
現在、東日本編を鋭意制作中です。もうちょっとでいろいろと報告できると思うので、楽しみにしていてください。

My railway JRwest Ver for iPad - KADOKAWA SHOTEN PUBLISHING CO.,LTD.  ■ iPad 版

My railway JRwest Ver. - KADOKAWA SHOTEN PUBLISHING CO.,LTD.   ■ iPhone 版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.17

バージョンアップしました

Img_0022 「My Railway JR 西日本編」iPhone 版がバージョンアップです。
多くの方からリクエストのあった運転席カメラを搭載しました。車両カメラ、定点カメラそして運転席カメラと、いろいろな視点で楽しむことができるようになりました。

 バージョンアップに合わせて、会社の Web サイトもリニューアルです。こちらもよろしく。
 そうだ、公式サイトもリニューアルしなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.08

バージョンアップの準備ができました

 お待たせしてしまったかもしれないけど、ようやくバグチェックも終わり、「My Railway JR 西日本編」のバージョンアップの準備ができました。
 ダウンロードできるようになったら、改めて告知しますね。

 今回、レビューなどでもっともリクエストの多かった機能を加えました。楽しみにしていてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キリンチャレンジカップ vs アルゼンチン

 あっ、いけね。ということで危うく見逃すところであった。
 そうかアルゼンチン戦だったのか。ということで、ザッケローニ監督の初采配である。
 いきなりアルゼンチン相手はどうなのかとも思ったが、逆に強豪とやった方がこれからの課題がはっきりするかもしれない。ということで、そこまで力を入れて応援していたわけではなかったのだが、なかなか楽しい観戦になった。

 アルゼンチンのコンディションが万全ではなかったようで、立ち上がりのドタバタをきちんと突かれて失点していたらどんな試合になってしまったのかよく判らなかったが、なんとか攻撃を防ぐことができ、しかも得点を入れてしまったのでのびのびとプレイをしていたようだ。
 勝ったからこれで OK といえるようなデキでなかったことは確かだが、それでも臆することなくアルゼンチンを相手に自分たちのプレイをしようとしていたところはよかったと思う。もちろん、攻撃はあれでよかったのか? とか、もうちょっとしっかりディフェンスすべきじゃないのか? とか、パスのスピードや精度、意図などに注文をつけたくなったり、決められるときはちゃんと決めろ、とか、いろいろとあるけど、それはこれからのチームの成長というか、熟成を待つべきなんだろう。

 それにしてもセンターパックの人材がとは不安だったんだが、ディフェンスはチームでおこなうものという新監督の考え方はなるほどといえる。もっとも、それで攻撃がお粗末になったら意味はないけど、前へボールを運ぶことも合わせて意識付けされているようだから、次の試合を楽しみにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.05

適当日記

適当日記  今年の 27 冊目。高田 純次「適当日記」読了。
 本屋で買ったわけではない。iTunes Store で買ったのだ。115 円のセールをやっているという話を聞きつけて、iTunes を起ち上げて、ポチッと購入ボタンを押してしまった。「115 円」というのはそういう行動を誘発する価格だということなんだろう。今後の参考にしよう。

 ともかく iPhone で仕事の打合せに向かう車中でさくっと読んでしまった。
 まぁ、内容については改めてぼくがどうのこうのと書く必要はあるまい。彼のファンならもしかすると腹を抱えて笑ってしまうような内容なのかもしれない。価格に負けてポチッとしてしまったぼくにしてみると、電車の中で思わずにやっと笑ってしまう内容ではあった。けど、9 月が過ぎ、年末に向かうに従って日にちがどんどん飛んでいくところなどは、適当日記のタイトル通りの内容といえるかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »