« 新しい総理大臣 | トップページ | 万代橋 - TiltShift Gen »

2010.06.04

国際親善試合 vs コートジボワール

 少年サッカーのコーチをやっていたときに、何度か見たシーンと同じだ。
 ディフェンスする相手に合わせて動いたら、知らない間にボールを蹴っていたということが、小学生のプレイでよく見ることがある。それとまったく同じだとは考えたくないが、やはり思い出してしまう。
 崩されていないからとか、流れの中で失点をしていないから、という言い訳がたんなる言い訳でしかないことは、当人たちがもっともよくわかっていることだろう。こう何点もオウンゴールを重ねている癖に、ディフェンスはまずまずですなんて、そんな言葉が通用するとは思っていないだろう。いや、思っていないと考えたい。
 しかし、こういう試合をいまさら見せられてもなぁ。
 もう、なにもいえないでしょ。正直、奇跡を期待することにも疲れてきました。

|

« 新しい総理大臣 | トップページ | 万代橋 - TiltShift Gen »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国際親善試合 vs コートジボワール:

« 新しい総理大臣 | トップページ | 万代橋 - TiltShift Gen »