« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010.06.25

ワールドカップ vs デンマーク

 ともかくこの試合は日本の希望通りの展開になった。
 FK で得点したこともそうだし、先制できたこともそうだ。逆にデンマークは最悪のシナリオを選んでしまった格好だ。こうなると実力差が結果に反映されなくなる。そこがサッカーのおもしろいところでもあり、また怖いところでもある。
 デンマークは一点差ならまだしも、さらに追加点をまたも FK で失ってしまう。こうなると坂道を転げ落ちるようにすべての幸運を手放すことになる。
 かくして日本代表は 3-1 でデンマークを見事に破り、決勝トーナメントへその駒を進めることになった。

 オランダ戦でも思ったことだが、日本選手の実力はやはり高い。それが証明されたといってもいいだろう。
 確かに盤石の戦いではなかった。相手の力はやはりひとつ上だ。それでも見ているものの胸を熱くするような試合を見せてくれた。
 おめでとう。この勝利は君たちのものだ。

 で、これで指揮官を見直すかというと、それはやはり別の話。
 でも、ここまできたら力一杯、応援しようではないか。日本代表を。次の相手はパラグアイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.23

雨上がりの逗子海岸

10_06_23

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.22

海開きの準備 OK

10_06_22

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.19

波待ち

10_06_19_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワールドカップ vs オランダ

 オランダはやはり強かった。際立ってその強さがこの試合に現れたわけではない。けれど、やはり実力差は如何ともしがたい。
 確かに、前半日本は守備を大きく崩されたわけではない。綻びはあったかもしれないが、危機的な状況に陥ることはほとんどなかった。それでもなお、ボール保持率が示す程度の力の差はあった。
 しかし、結果は 0-1。得点差だけみれば善戦したといっていいのかもしれない。でも、力の差をきちんと認めているのであれば、それなりの戦い方があったのではないかとぼくは思う。

 日本代表の本大会での試合を二試合見たわけだが、同じ布陣の南ア定食の様相を呈している。阿部をアンカーに置いて、って、この布陣はこの前のイングランド戦から試していて、まぁ、ディフェンスに人数を割けば当たり前だがディフェンスは固くなる。その代償としてオフェンスに割ける人数は減る。
 今回、ぼくが感心しているのは、日本代表の選手たちの実力が、確かに世界のトップと比べれば差はあるだろうが、戦えるだけの実力を持っていることがはっきりわかったことだ。選手個々の能力は総じて高い。だからこそ目の前の試合をどう戦うのかといったゲームプランが大切になってくるのではないだろうか。
 であればもっと戦い方に工夫があってもよかったのではないかというのがぼくの意見だ。
 実は、今日の昼間、岡崎にともかく前半だけ保てばいいから走れるだけ走らせてオランダを困惑させてはどうだろうと考えていたのだ。後半になれば矢野に代えればいい。タイプの違うふたりのフォワードをそれぞれ 45 分フルに走らせる。強い相手と戦うには相手を混乱させるのもひとつの手だ。
 そういう考え方が、しかしできる監督じゃないものなぁ。
 ということで南ア定食。

 そういう意味で、カメルーン戦で本田のワントップというのは、個人的にとても疑問のある布陣だ。彼は本来フォワードにふさわしいタイプではない。そのワントップ。カメルーン戦では、ともかくその本田が点をとることができた。しかし、それはあくまでも結果論であって、前線で身体を張ってボールをキープするという仕事をさせたいのであれば、やはりフォワードの選手を起用すべきだろう。逆をいえばそれだけ監督が日本代表のフォワード陣の力を信用していないということになるのかもしれない。
 それはともかく、ぼくが基本的に岡田監督を心から応援できないのは、いつも付け焼き刃的だからだ。韓国に負けたから次のイングランド戦ではディフェンスを固める。点が獲れないから本田のワントップ。そういうことでいいんだろうか? いままでの準備期間はなんのためだったのか? その期間中に、選手起用はもちろんだが、攻撃に重点を置いた戦い方や、あるいはディフェンスを固めたカウンターに主眼を置いた戦い方といったものをシミュレーションできたはずなのだ。
 なのにいつも和定食か洋定食で韓国に負けてあわててやり方を変える。
 いままで並べ続けた御託はどこへいったのか? いままで耳にたこができるほど聞かされてきたコンセプトという代物はどこへいったのか?

 こういうやり方しかできない人物が、代表監督を務めるべきではないというのがぼくの考え方だ。
 それにしても、俊輔はないよなぁ。あと、こういう戦いなんだから、森本を見たかった。

 ともかく予選はあと一試合。デンマーク戦だけだ。決して楽な戦いではない。それでも、もしかしたらという希望がまだ残っていることも事実だ。
 その試合が、やはり南ア定食だったら、やっぱりちょっと呆れるけどね。
 ということで、しっかりと応援しよう。ふむ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.16

風と波と海

10_06_16

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゆるい生き方

ゆるい生き方 ストレスフリーな人生を手に入れる60の習慣  今年の 23 冊目。本田 直之「ゆるい生き方」読了。
 東京とハワイに拠点を置いて、年の半分はハワイで過ごしているデュアルライフを実践している著者ならではの内容ということがいえるだろう。個人的には、この内容はとてもよくわかるものだった。どうしてって、だからぼくも逗子に引っ越したわけだからね。そう、そういういい方をしてもいいなら「ゆるい生き方」をするために。

 ぼくの場合は、もっともっと自分の時間が欲しいとか、自分の人生というものを考えたいとか、そういったモヤモヤがいつもどこかにあって、たぶんそれにたいするぼくなりの答えが、逗子に住むということだったんだろうと思う。
 日吉って場所は実はとても便利なところで、交通の便はもちろんだけど、生活に必要なものはだいたい駅周辺で手に入ってしまうそんなところだった。それにくらべて逗子には、ユニクロもなければ大型電気店もないし松屋はあっても吉野家はないし、マクドナルドやモスバーガーがあっても、ミスタードーナツやロッテリアやファーストキッチンはないし、日高屋だってない。本屋もそんなに大きくはないし、だいたい TSUTAYA だってない。
 だから人によってはどうしてそんな場所に、と首を傾げられてしまうこともある。
 でもね、ひとつだけ逗子にあって日吉にはないとても素晴らしい場所がある。それは、海。
 この本にも書いてあるけど、いつでも海に、しかもなんの目的を持つことも、また準備をすることなく、ビーチサンダル引っかけて行ける。もうぼくにとってはそれだけでストレスフリーになれる。

 ということで、なにかと交換しなければいけないけれど、ゆるい生き方って、これからの自分のことを考えるととても必要なことなんだと思っているし、また、そのことを再確認させてくれた一冊だった。
 でも、まぁしかし T シャツとビーチサンダルだけで生活できるのは、きっと本田さんがハワイとのデュアルライフを過ごしているからで、日本の冬をビーチサンダルで過ごすのはちょっと無理だと思うけど、そういう突っ込みは別にしてこれからぼくはこの本を参考に自分なりのゆるい生活していこうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.15

ワールドカップ vs カメルーン

 ひとつわかったことは、勝つことを信じて試合を見ないと、勝ってもなんの喜びも湧かないなぁということ。
 まぁ、これは自業自得なのでどうでもいいけど。
 しかし、勝っちゃったなぁ。
 相手のカメルーンがチームとはいえないほど組織だったプレーがなかったこともあるし、試合としては凡戦もいいところということもあるけど、ただ勝ったことを喜んでいてもいいのかどうか、ぼくとしてはとても疑問。

 本田が素晴らしい選手であることは充分わかっているけど、彼のワントップでいいのかと思うし、あそこまでベタ引きってのもどうかと思うけど、だってシュート 5 本だって……。まぁあと二試合あるから、細かいことについては最後にまとめよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.13

波の合間

10_06_13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.12

波高し

10_06_12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.10

遠浅

10_06_10b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPad WiFi + 3G 32GB

10_06_10

 いま開発しているアプリの iPad 対応版のテストをしなければいけない。ということで購入を厳命されていたんだが、なにをいつどうやって手に入れようかまったく頭になく、そのまま発売日をやり過ごしてしまった。
 が、ここへ来て、アプリが iPad で動作するようになったので、これはいかんとさっそく入手を企てた。
 といっても販売を扱っているソフトバンクの店舗に電話をしただけなんだけどね。横浜と渋谷の店舗に電話したんだが、表参道はず〜っと話し中でとうとう繋がらなかったんだけど、よくわかったことはいつどの機種が何台入荷するのか取り扱い店舗でも判らないということだった。
 一番確実な方法はと渋谷店の子に聞いたら、まず予約されることですね、と言われたので、それではと夕方、横浜のソフトバンクへ予約をしに行った。

 店に着いてすぐに店員に在庫はないよね、と再確認。だって、今朝、電話したばかりだったからね。ところが返ってきた返事が意外なことに機種によってはございます、ということだった。
 3G だと 32GB と 64GB なら在庫があるということで、32GB を購入。いや〜、今日の午後に入荷したばかりなんだって。ラッキー。
 ということで、帰ってすぐ iTunes に接続。
 帰宅したのが夜だったので、まだそんなに触ってはいないけど、とても素晴らしい。
 なにがって、まず動作がスムーズ。快適でとにかく心地良い。まだアプリたってそんなに入れてないけど、もういつでも手にとってず〜っと触っていたい。それぐらい気持ちいい。

 iPhone があるからとうぶん買わない、みたいなことを blog で表明している人がいるが。それは絶対にあり得ない。ぼくは iPhone 云々ではなく、iPad が素晴らしいから、これからバリバリ使うと思う。もっとも iMac に iPad に iPhone をどう使い分けるのかということについては、確かに考えなきゃいけないことかもしれないけど。でも、これはやっぱり iPhone の画面が大きくなっただけのものではなくて、やはり iPad なんだよ。
 ちょっと触ってみればそれがすぐにわかるはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.09

Apple Magic Mouse

Apple Magic Mouse MB829J/A  別段、理由があっていままで使わなかったわけではないんだが、今日はじめて Magic Mouse を使ってみた。
 これがね、なんでもっと速く使わなかったんだろうと思ってしまったぐらいに使い勝手がよろしい。
 いままではスクロールボールのある Wireress タイプのものを使っていて、もうすっかり手に馴染んでいたので、さほど不便を感じなかったんだが、といってもスクロールボールがすぐに動かなくなっちゃうんだが、それでもまぁ、こんなものだろうと半分諦めていたんだが、一度 Magic Mouse でスクロールの感触を味わうと二度と元には戻れない。
 それほど気持ちがいい。ああ、もっと早く使ってればよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.06.07

凪ぎ

10_06_07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.05

ちっちゃなサーファー

10_06_05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.04

万代橋 - TiltShift Gen

10_06_04_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国際親善試合 vs コートジボワール

 少年サッカーのコーチをやっていたときに、何度か見たシーンと同じだ。
 ディフェンスする相手に合わせて動いたら、知らない間にボールを蹴っていたということが、小学生のプレイでよく見ることがある。それとまったく同じだとは考えたくないが、やはり思い出してしまう。
 崩されていないからとか、流れの中で失点をしていないから、という言い訳がたんなる言い訳でしかないことは、当人たちがもっともよくわかっていることだろう。こう何点もオウンゴールを重ねている癖に、ディフェンスはまずまずですなんて、そんな言葉が通用するとは思っていないだろう。いや、思っていないと考えたい。
 しかし、こういう試合をいまさら見せられてもなぁ。
 もう、なにもいえないでしょ。正直、奇跡を期待することにも疲れてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい総理大臣

 菅直人総理が誕生した。
 その昔、といっても大学生の頃だからもう三十年ぐらい前のことだが、よく通っていた中野の店で隣に座り、酒を呑みながら彼と言葉を交わしたことがあったんだが、あの管さんが総理大臣になるとはねぇ。人の運命ってのはほんとうに判らないものだなぁ。
 とつくづくそのニュースを聞いて思った次第。
 いや、だから知り合いだとか、そういったことをいいたいわけではなく、その後の彼の歩いた道ってのが、それまでの政治家とはまったく違った道筋だったから、なんとなく感じたまでだ。
 それにしても、あの菅さんが総理なのか。ふむ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バガボンド 33

バガボンド(33) (モーニングKC)  新潟駅前のジュンク堂で購入。たまたま昼どきに本屋へ寄ったら並んでいたのでそのまま買ってしまった。
 なにも出張先で買わなくてもと思ったんだが、「バガボンド」だからなぁ、新刊が出たとなればすぐに読みたくなるというもの。
 いつも読んでいて思うんだが、心に響く言葉がこの本には多い。今回もずしりとくる言葉を教えられた。
「今日のお前は、今日つくるんだよ」
 又八が世話になった住職に言われる言葉だ。
 ストーリーがどうのというよりは、この巻ではなによりもこの台詞がすごい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.01

青い京急

10_06_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »