« 神田駅北口 | トップページ | 引き潮 »

2010.05.28

鉄分増量中

 引っ越しをしてから鉄分が増量している。
 いままで住んでいた日吉では、電車はほとんど意識することなくただ行き先まで乗るだけの存在だった。利用できる電車が東急と市営地下鉄しかなかったから、どこかへ行くというときに、どの電車でなんて考える必要がなかったからだ。行く先が決まれば自ずと乗らなきゃいけない電車も決まっていた。
 しかし、逗子ではちょっと違う。

 最初は同じだと思っていた。品川方面はどう考えたって京浜急行で、新宿方面は JR。あるいは、都営浅草線方面は京浜急行で、JR の駅に行くときは JR ということになるんだろうと。
 ところがいろいろと調べてみると、選択肢が実はかなり多いことがわかった。
 たとえば昨日、神田で打合せがあったんだが、JR の逗子駅から神田まで JR を乗り継いでいくことができる。それ以外には、京浜急行で品川まで行き、そこで JR に乗り換えて神田まで行くことがすぐに頭に浮かぶ。実は神田あたりまでの距離だと、JR だけで行くよりも、京急を使った方が電車賃は安い。
 なら品川で、と思っていたんだが、京急で京急川崎まで行き、そこで川崎駅まで歩いて JR に乗り換えた方がちょっと時間はかかるけどさらに安かったのだ。ということで、川崎で京浜東北線に乗り換えて、田町で山手線で乗り換えて神田まで行くことにした。

 JR に乗り換えてしばらくしたら、蒲田駅の手前で追い越していく電車がある。東海道線だ。調べてみると東海道線は川崎から東京までの間に停まる駅は品川と新橋のふたつだけ。それに比べて京浜東北線は蒲田、大森、大井町、品川、田町、浜松町、新橋、有楽町と八つも駅がある。ということは、川崎、東京間は東海道線の方が速いことがわかる。川崎から品川までノンストップなのだ。
 なら試してみようということで、帰りは神田から東京駅へ京浜東北線で行き、そこから川崎までは東海道線で行ってみることにした。
 というように、同じルートでもいろいろと調べると違う路線で行ったり、乗り換えの駅を変えたりと、いろいろな選択肢がある。

 翌々考えてみると実はそんなことはどうでもいいはずで、どこへ何時に行けばいいのか、が本来であれば大切なことのはずなのに、引っ越してからというもの、どういう電車で、というのは同じ会社の電車でもその種類、たとえば京急でいえば快特なのか、特急なのか、あるいは急行なのかといったどの速達電車をどの駅から利用するのかといった選択や、JR なら JR で、どの路線をどこの駅で選ぶのかということを考えることが楽しくなってきたのだ。
 かなり鉄分が増えている。
 しかも事態はちょっとだけ深刻になりつつある。というのも、今日、行きに乗った京急の快特が実は、一日に数本しか運行していない青い 2100 形の「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」だったんだが、それに乗れることがなんとなく嬉しかったのだ。それだけならまだしも、川崎駅で乗り換えるとき階段を登っていたらちょうど回送電車が入ってくることろだったんだが、ついどんな電車が来るのか足を止めて見たくなってしまったのだ。これはもう軽傷とはいえないんではないかと、自分でもちょっと心配になってしまうほどなのだ。ふむ〜。

|

« 神田駅北口 | トップページ | 引き潮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/34950253

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄分増量中:

« 神田駅北口 | トップページ | 引き潮 »