« 20歳のときに知っておきたかったこと | トップページ | 96 時間 »

2010.04.15

社長のノート2

2000社の赤字会社を黒字にした 社長のノート2  今年の 19 冊目。長谷川 和廣「社長のノート2」読了。
 スタッフが貸してくれた一冊。読んでくださいということだったので、さっそく眼を通した。105 のコラムを 6 章にまとめたコンパクトなもので、一日で読み終えることができた。著者は、2000 社の赤字会社を黒字にした社長だそうだ。そんな著者が日々感じたことや、あるいはこれはと思ったことをメモしているノートをベースに仕上げられた一冊。「2」とあるように、一冊目は多くの書店の 2009 年ビジネス部門でベストセラーとなったらしい。

 内容はこの手の本にありがちな奇をてらったものではなく、仕事に関して真っ正面に向き合ったとてもまともな内容。ひとつひとつ見ていけば至極もっともなことだけど、これだけもっともなことをどれだけの人がきちんと実行できるかといえば、それはそれで難しいだろう。
 そういう意味では新鮮味に書けるかもしれないけど、仕事の基本をきちんと押さえたい人には読める一冊といえる。
 個人的に、ウチのスタッフに読ませるとしたら、昨日読了した「20歳のときに知っておきたかったこと」ということになるけど、それは仕事が一般的というよりは、独創的な部分が必要だからなんだけどね。

|

« 20歳のときに知っておきたかったこと | トップページ | 96 時間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/34249857

この記事へのトラックバック一覧です: 社長のノート2:

« 20歳のときに知っておきたかったこと | トップページ | 96 時間 »