« 日吉駅 - TiltShift Gen | トップページ | アジア杯最終予選 vs バーレーン »

2010.03.03

ブルックナー:交響曲第7番 原典版

ブルックナー:交響曲第7番 原典版 【HQCD】  今年の三枚目。先月に続いてクレンペラー生誕 125 周年記念として発売されている HQCD の中から、ブルックナーの 7 番を購入。4 番、5 番と購入してきたので、ほんとうは 6 番が買いたかったんだが、渋谷の HMV には、この 7 番と 8 番しか置いてなかった。他の CD はすでに売り切れてしまったのか、品切れの状態。もしかして他の店で買うようにしない駄目なのかなぁ。
 ネットで注文という方法もあるんだろうが、ぼくの場合、本や CD はたとえ購入するものが決まっていたとしても、並んでいるところから手にとって買いたいという気持ちが強い。他になにがあるのか見たいということもあるし、なんていえばいいんだろう、漠然としたなにかと比べたいということなのかもしれない。
 となると品揃えでいうと、山野楽器ということになるんだろうか? 近くに Apple Store もあるし、いいかもしれない。

 5 番に続いて、この 7 番もはじめて聴く曲だ。出だしがなんとなくかっこいい感じで親しみやすく、これは聴き込む楽しみがありそう。
 Wiki で調べてみたら、ちょうど第 2 楽章のクライマックス部分を書いた頃、ブルックナーが最も敬愛してきたリヒャルト・ワーグナーが死去。ブルックナーはワーグナーの死を予感しながら第 2 楽章を書き進めてきたが、その悲しみの中でコーダが書き進められ、第184小節以下をワーグナーのための「葬送音楽」と呼んだそうだ。
 なるほどそういうエピソードがあるのか。しばらくは、じっくりと聴こう。

|

« 日吉駅 - TiltShift Gen | トップページ | アジア杯最終予選 vs バーレーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/33628272

この記事へのトラックバック一覧です: ブルックナー:交響曲第7番 原典版:

« 日吉駅 - TiltShift Gen | トップページ | アジア杯最終予選 vs バーレーン »