« 選ぶ側の論理 | トップページ | 夢が勝手にかなう「気功」洗脳術 »

2010.03.26

ソウ 6

ソウ6 アンレイテッド・エディション [DVD]  見ていて痛さを感じてしまう映画というと「ソウ」シリーズということになる。今回も初っ端のシーンは痛い。身体的な痛さを直感的に感じさせてくれる。
 とりあえず死んだはずのジグソウのゲームがまだ続いていて、でもさすがに今回でお終いになるんだろう。「2」からはじまった、というか「1」はソウのスタートではあるけれど、このシリーズの中には含まれないようにぼく個人は思っているので、考えてみれば複雑な人間関係もちゃんとそれぞれの落としどころに落ち着いている。
 とはいえ、続きを作るのは可能なエンディングになってる。いや、さすがというかなんというか。

 このシリーズでは、ミスディレクションがきちんと用意されていて、ぼくはよく引っかかるんだが、今回も見事なほどちゃんと引っかかってしまった。
 それにしても、このシリーズって監督が次々に変わっているはずなんだけど、内容的にもそうだけど映像的にもトーンがほぼ同じように作られているのはすごいなぁ。製作のスタッフがほとんど同じだからということなんだろうけどね。

|

« 選ぶ側の論理 | トップページ | 夢が勝手にかなう「気功」洗脳術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/33955772

この記事へのトラックバック一覧です: ソウ 6:

« 選ぶ側の論理 | トップページ | 夢が勝手にかなう「気功」洗脳術 »