« 東アジア選手権 vs 中国 | トップページ | サラリーマンのためのお金サバイバル術 »

2010.02.06

TwitCasting と Ustream

 TwitCasting をダウンロードした直後に、そらのちゃんと川井さんのだだ漏れランチを観て、いい刺激を受けたのと同時に、映像の配信って簡単そうじゃないかと思ってとりあえずテストしてみることにした。
 ほんとうはその日の夕方、ギフトショウに行ったのでその様子を流そうかと思ったんだけど、受付のところに「撮影禁止」という大きな看板があったので自粛。今日ちょっと出かける用事があったので、ついでに大綱橋の近くから東横線の鉄橋のあたりを撮ってみた。
 最初に TwitCasting で撮ったんだが、この映像、なぜか途中で止まってしまった。ほんとうは電車がちゃんとすれ違い終わるところまで撮りたかったんだがなぁ。理由はよくわからない。
 で、続いて Ustream で撮ってみたのが上の画像。途中で止まることなくちゃんとストリーミングできたようだ。
 どちらも iPhone での操作は簡単。こんなことでストリーミングできちゃうのかと気が抜けてしまうほど。いや、すごい時代になったものです。

 帰ってみて、自宅の iMac でいろいろと確認してみたが、Ustream の方が使いやすいのかもしれない。画質はこうして見ると断然に TwitCasting の方がいいんだが、Ustream の方がスムーズな映像になっているから一長一短なんだよな。
 ともかく TwitCasting がなぜ中断しちゃったのか原因がはっきりするといいんだけどね。そのためにももうちょっとテストしてみた方がいいかもしれない。また、タイミングみてチャレンジしてみよう。ちなみにどっちも iPhone 3G で撮っている。3GS ではなくて、3G でも撮れるというのが個人的には嬉しい。

 今度は、Mac を使っていろいろと試してみたいんだが、自宅の iMac だと自分の間抜けな顔と汚い部屋か映るだけなので、他の方法、スタッフに貸し出している MacBook を回収してそれで試すとか、Web カメラを買って試すとか、いろいろとチャレンジしてみたい。

 ともかく撮ることができるのはわかったので、あとはなにを撮るのかということを考えなきゃいけないね。ぼくが「だだ漏れ」しても、誰も喜ばないと思うし、下手したら邪魔な映像をまき散らすだけになるかもしれないからなぁ。
 ということで、これをなにに使うのかじっくり考えたいと思う。でも、時代が変わってきてるぞ。それも、とても大きく変わってるぞ。アトムからビットへ、どころの騒ぎじゃないぞ、これ。パラダイムシフトというか、もう革命だね。メディア革命って書いちゃうと陳腐になっちゃうな。情報革命なんだが、いっしょにモノゴトの価値観だって変わっていくぞ、これ。
 なんだかとんでもなくおもしろいことができそうで、実はワクワクしているのだ。

|

« 東アジア選手権 vs 中国 | トップページ | サラリーマンのためのお金サバイバル術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/33281283

この記事へのトラックバック一覧です: TwitCasting と Ustream:

« 東アジア選手権 vs 中国 | トップページ | サラリーマンのためのお金サバイバル術 »