« ブルックナー:交響曲第5番 原典版 | トップページ | 東アジア選手権 vs 香港 »

2010.02.08

第 44 回 スーパーボウル

 スーパーボウルはセインツが勝利。いや、これは快勝といっていいだろう。
 立ち上がりはコルツのペースで試合は進みリードを許したが、それでも FG を 2 本返して 6-10 と 4 点差で前半を終える。

 びっくりしたのは後半の立ち上がりのプレイ。キックオフをなんといきなりオンサイドキック。NFL でオンサイドをやるってのは、試合終了間際に得点を加えたあと、さらに得点をしたいというときがほとんどで、こういう早いタイミングでやるプレイではない。
 だいたい相手がそのままキャッチしたら、いきなりハーフウェイあたりから相手の攻撃が始まってしまうわけで、そういう意味では一か八かの選択に近いといっていいだろう。ところがこれがものの見事にボールを確保して、攻撃権をダッシュ。このシリーズをそのままタッチダウンに結びつけて、後半最初のシリーズで逆転してしまった。

 ところが相手はマニング率いるコルツ。いとも簡単に、といってもプレイしている選手たちにとってみれば簡単じゃないだろうけど、テレビ観戦しているぼくにしてみればそう見えてしまうんだが、すぐにタッチダウンを返して再度逆転。これで 13-17。いや〜、恐るべしマニング。

 ところがセインツも負けていない。FG で 3 点返して 16-17 と 1 点差にすると、その後のコルツの攻撃をディフェンダー陣が押さえて、4Q には逆転のタッチダウンを奪ってしまう。さらに、2 ポイントコンバージョンも成功させて、またまた逆転。これで 24-17。どうも、このタッチダウンのシリーズの前にコルツが FG を失敗したあたりから、セインツが波に乗ったようで、このあと、マニングのパスをポーターがインターセプトタッチダウンでほぼとどめを刺した格好になった。
 終了時間が迫る中、コルツも最後まで粘って攻撃をするがエンドゾーンにどうしてもボールを運ぶことができず、フォースダウンギャンブルも失敗して万事休す。結局、31-14 というスコアで、スーパーボウル初出場のニューオリンズ・セインツが初優勝した。
 いや〜、それにしてもセインツを応援していたぼくにしてみればナイスゲーム。
 さてと、来年はどんな試合が見られるんだろう。いまから楽しみ。

|

« ブルックナー:交響曲第5番 原典版 | トップページ | 東アジア選手権 vs 香港 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/33310411

この記事へのトラックバック一覧です: 第 44 回 スーパーボウル:

« ブルックナー:交響曲第5番 原典版 | トップページ | 東アジア選手権 vs 香港 »