« ディビジョナル・プレイオフ | トップページ | カンファレンス・チャンピオンシップ »

2010.01.25

法人税が分かれば、会社のお金のすべてが分かる

法人税が分かれば、会社のお金のすべてが分かる (光文社新書)  今年の 6 冊目。奥村 佳史「法人税が分かれば、会社のお金のすべてが分かる」読了。
 一応、経営者で、というか代表取締役を何年かやっているのでそれなりにわかったつもりでいたけれど、法人税というものを体系的に勉強したことがなかったので読んでみた。事細かなことになると、よくわからなくなるのがこの手の法律で、しかも税務署や専門家が駄目といえば、どんな理由があろうが駄目になったりすることもあるので、実際には税理士さんにお願いすることになるんだが、それでも知らないよりはちゃんと知っておいた方がいい。
 この本ではそれぞれの章でひとつの項目を説明するという形式で、法人税の概略から交際費や貸倒引当金や資産の評価といったポイントをひとつひとつ丁寧に説明してくれている。

 おかげで、ぼくが法人税に関して間違って覚えていたことがいくつかあったこともわかった。めでたしめでたし。
 ではあるけれど、しかしやっぱり日本の法人税は高すぎるし、あまりにも現実に削ぐない規定がありすぎ。このあたり実際に会社を経営してしこたま税金をふんだくられ、どこがどう理不尽なのかということを身に沁みてわかっている人たちが法律を改正すべきだよなぁ。
 なんてぼやいてみても、母親から何億ももらっていてそれを知らなかったという人が総理大臣なんだから無理なことなのかもしれないけど。でも、税率は諸外国と同等程度に下げる必要はあるだろうなぁ。

|

« ディビジョナル・プレイオフ | トップページ | カンファレンス・チャンピオンシップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/33130869

この記事へのトラックバック一覧です: 法人税が分かれば、会社のお金のすべてが分かる:

» 読後評:法人税が分かれば、会社のお金のすべてが分かる  難しい話をわかりやすく読ませる [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
あ〜、読後評をアップするのも久しぶり..... 1ヶ月以上間が空いてしまった。。。。 とはいえ、NY渡航行き帰りも含めて、本はかなり読みまくっているのだが。 Twitter本も手当たり次第に手に取って入る。 「Twitterの衝撃」「仕事で使える!「Twitter」超入門」「Twitter革命」「Twitter社会論」とか。 そのなかで一番しっかりした内容だったのは、「Twitter社会論」 第3章の 、ツイッターとジャーナリズムそして政治の部分が読み応えがあった。 が、この本の最終章で、私的には... [続きを読む]

受信: 2010.02.11 12:19

« ディビジョナル・プレイオフ | トップページ | カンファレンス・チャンピオンシップ »