« 有楽町で会いましょう | トップページ | 冬の蒼い空 »

2010.01.20

キング・アーサー

キング・アーサー [DVD]  訳あって、ときどき合戦ものか歴史物を観るんだが、これは確か去年の秋頃に BS で観た映画だった。というのがわかったのが、本編がはじまってすぐ。ふむ〜。
 実はアーサー王と円卓の騎士的なものが観たかったんだけど、これはその伝説のモデルとなった抵抗勢力の指導者がローマ軍の傭兵だったという仮説をもとにして作ったものらしい ( by WiKi )。ということで、ローマ帝国は悪、攻めてきたサクソンも悪、でもともとブリテンにいた人たちがイングランドの基礎を築きました的なストーリーになっている。歴史的に見てどうなんだよという突っ込みはこの際しても無駄なので、物語としてどうかという観点で見た方がいいでしょう。

 そういう意味で観ていくと、ひとりのヒーローを描く実に教科書的な、まことにツボを押さえたストーリー展開になってました。はい。
 合戦シーンはそれなりに迫力があるんだけど、果たしてこういう戦い方をこの時代にしたのかという検証は、ぼくには知識がないのでできないけど「ローマ人の物語」を読んでいる限り、もうちょっと部隊単位での戦術的な動きをしていただろうと思われるので、そういう意味でも、これは映画的な迫力を演出するための戦いのシーンということになるのかもしれない。
 でも、戦場での激しい戦いをどう描くのかということに興味があるぼくにとっては、なるほどという見方ができたので、それはそれでいいでしょう的な評価になるのかな。

|

« 有楽町で会いましょう | トップページ | 冬の蒼い空 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/33069824

この記事へのトラックバック一覧です: キング・アーサー:

« 有楽町で会いましょう | トップページ | 冬の蒼い空 »