« 南北線 - 市ヶ谷 | トップページ | 風待草 »

2010.01.28

iPad

Ipad  Apple が噂のタブレット端末を発表した。
 名前は「iSlate」ではなく、直前に噂として流れた「iPad」。9.7 型のディスプレイで 1024 × 768 ドット表示、CPU は 1GHz で動作する Apple A4 チップを搭載。当たり前の話だけどマルチタッチに対応していて、メモリは 16GB、32GB、64GB の 三種類を用意するそうだ。バッテリーは 10 時間保つらしい。Wi-Fi のみと、3G 対応のふたつのモデルが発売されるらしい。Wi-Fi モデルが 60 日後ということだから、3 月末発売ということだね。もっとも安価なモデルは 499 ドル。はっきりいって安い。

 標準で 12 個の iPad 用アプリが搭載されていて、入力にはフルサイズのソフトウェアキーボードが採用されている。どうやらフリック入力には対応していないようだ。当たり前だが、iPhone 用のアプリはすべて動作する。また、iPad 用の iWorks も発表された。ということは、仕事で使えるということだ。また電子書籍昨日は、iBookstore から購入することになるらしい。
 Mac とは iPhone 同様、USB で接続する仕様になっている。

 iPhone が携帯電話を再発明したのと同じように、このiPad もぼくたちの生活にいままでとはまったく新しいなにかを与えてくれるはず。この「まったく新しいなにか」はそれこそ使っていてはじめてわかるものだ。だからまだ触っていないいまの段階ではなにもいうことはできない。
 けれど、ぼく自身が前から感じていることなんだが、これでゲーム業界は大きく変わることになるだろう。iPhone が実はゲーム機端末として優れたものであることを、それも DS や PSP と比べてだけど、ぼくたちは気づかされた。いや、なかにはそういうことを考えないようにしている人たちもいるみたいだけどね。それと同じことが、いやそれ以上の画期的ななにかがこの iPad の登場で起こるだろう。
 それがどんなものなのか、そしてどんなことができるのか、たったいまからぼくは考えていかなきゃいけない。でも、それはとても楽しくてワクワクすることなんだけどね。

 そうそう日本では、Wi-Fi モデルは 3 月末に、3G モデルは 6 月以降にし発売されるそうだ。
 Wi-Fi モデルをすぐに買うべきか、3G モデルの発売を待つべきか。悩みどころだねぇ。ところで、3G って、やっぱりソフトバンクなの? そのあたりがなんとなく気になるんですけど。

|

« 南北線 - 市ヶ谷 | トップページ | 風待草 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/33168910

この記事へのトラックバック一覧です: iPad:

« 南北線 - 市ヶ谷 | トップページ | 風待草 »