« レスラー | トップページ | 雪の夜 »

2010.01.30

だから iPad なんだよ

Ipad_01  どうやら iPad に対して否定的な意見を述べるのが流行っているらしい。
 どんな新しいものでも、否定的に述べておくことが安全だということは知っている。まぁ、それと同じことなんだろう。
 マルチタスクじゃないとか、Flash に対応していないとか、カメラがついてないとか、電子書籍っていっても日本じゃそもそも電子出版されていないだの、拡張性がないだの、PC を持ち運ぶのはビジネスマンだけだろうとか、いろいろだ。
 確かにマルチタスクの方が便利かもしれない。でも iPad が買いたいから貯金するというウチの奥さんが iPad を使うとしたら、マルチタスクなんて関係ないと思う。というか、そもそもそういう機能があったとしても iPad でマルチタスク機能を利用してなにかをしようとはしないだろう。iPad は デスクトップパソコンの代わりではない。もろちんノートブックタイプのパソコンの代わりでもない。これは iPad なのだ。

 iPod が出たとき、実はぼくはとても否定的だった。なんだっていまさら音楽聴くためのガジェットを、それも持っている CD すべての楽曲を持ち歩く必要があるんだろうと疑問に思っていた。コンパクトな CD プレイヤーがあるし、MP3 のプレイヤーもあるのに、どうしていまさらと思ったものだ。ああ、まったく的外れだった。だって、iPod は音楽を聴くためのガジェットではなく、デジタルライフという新しいスタイルを確立して、そして音楽産業全体のビジネスモデルをも変革してしまうようなまったく新しいものだったから。敢えていえばちょっとした革命を起こしたわけだ。

 iPhone が出たときはどうだったろう。そんな解像度のカメラは誰も使わないよとか、このどこか携帯電話なんだとか、このときもいろいろな声があった。そう、これも iPod と同じだ。iPhone は携帯電話ではない。これはやはり iPhone なのだ。まったく新しいツールなのだ。マルチタッチで操作が画期的だとか、そういう技術的なことではなくて、ライフスタイルを一新するまったく新しいツールなのだ。
 iTunes Store で欲しいアプリをダウンロードして、必要なものだけを持ち出して使う。PC の代わりではなくて、デジタルライフというスタイルでいえば、iPod で身についたデータを持ち歩く習慣を、たとえば出張のときにぼくは iPod で映画を観たりするようになったんだが、それをさらに一歩進めたものといえるだろう。やり方によってはありとあらゆるデータを持ち歩くことすらできる。これのどこが携帯電話だろう? そう、これは iPhone なのだ。

 既存の物差しで測ってはいけない。既存の価値観では推し量れない、まったく新しい視点でモノを創るのが Apple だ。だからぼくたちも既存の物差しを棄てて、Apple が産み出すものを考えなきゃいけない。
 だから iPad も、ほくは確信を込めて思うけど同じような形で、ぼくたちのデジタルライフをさらに推し進めてくれるものだと思っている。
 だれだったか Twitter でつぶやいていたけど、世界で 7600 万台の iPod touch と iPhone が販売されているなんだが、それだけのユーザーが実は iPad の入り口に立っている。
 ぼくはその事実だけでワクワクしてしようがない。ぼくの目の前には、いままでみたこともないまったく新しい世界が広がっているようにさえ思ってしまう
 たぶん発売されたら、いままでテレビ番組表が観たいからとわざわざぼくに尋ねたり、iMac で確認していたうちの奥さんは、リビングのテーブルに置いてある自分の iPad で確認するようになるだろう。これって、とても些細なことだけど、でも進化の大きな一歩であると思うよ。

|

« レスラー | トップページ | 雪の夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/33191502

この記事へのトラックバック一覧です: だから iPad なんだよ:

« レスラー | トップページ | 雪の夜 »