« お茶の水-TiltShift Gen | トップページ | 苫米地思考ノート術 »

2010.01.15

バガボンド 32

バガボンド 32 (モーニングKC)  バガボンド 32 巻。前巻で出会った伊藤一刀斎との対峙の続きが描かれている。
 武蔵と小次郎の力量を測る上で、両者と対決したことのある伊藤一刀斎がその重要な鍵を握っている。しかし、京都を出た武蔵は我執を棄てることを、というかその身体から我執を、まるで着物を脱いでいくように剥がしていくことができるようになりかけていて、一刀斎との対決は奇妙なものになる。
 ここで描かれているのは武芸の腕を磨くなどという単純なことではなく、といってもそれだけでも大変なことだと思うけど、魂を磨いているようなそんな印象を受ける。
 一刀斎との対決は一瞬だが、その戦いはそれぞれの心の中で続いていく。
 この対決のときに亡くなる柳生の大殿が武蔵に残した「笑え」という言葉は、一刀斎が「楽しかどうかだ」といった言葉とは、次元が違うような気がする。最後まで一刀斎は我執を纏っていくのだろう。

 噂によると今年中には完結させたいと、作者はいっているとか。これから小次郎との対決があって、そしてこの物語も終えるのだろうか?
 いずれにせよ、まぁ目が離せない作品であることにかわりはないけどね。

|

« お茶の水-TiltShift Gen | トップページ | 苫米地思考ノート術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/33004619

この記事へのトラックバック一覧です: バガボンド 32:

« お茶の水-TiltShift Gen | トップページ | 苫米地思考ノート術 »