« 大江橋から | トップページ | 渋谷 1210 »

2009.12.09

やればできる

やればできる-まわりの人と夢をかなえあう4つの力  今年の 29 冊目。勝間 和代「やればできる」読了。
 自分でも笑っちゃうぐらい天の邪鬼なので、自分が読む前にベストセラーになるとついつい手が伸びないことがままある。最近だとその典型が勝間本で、まったく手に取る気がしなかった。こういう性格ってどこかで損をしているのかもしれないけど、治すに治せない。まぁ、治すつもりもないけどね。
 そんなぼくがどうしたわけかこの本だけは手に取ると、中味をバラバラと読んで初版を確認すると買ってしまった。
 乱読していた頃の癖で初版本にはなぜか食指が動く。この手の本に初版本もなにもあったもんじゃないが、長年身についた習慣というのをぬぐい去るには、それ相応のなにかがなければ無理なのだ。まぁ、それはいいとして、なぜにこの本を買ったのかというと、やはり中味である。

「やればできる」ということをかなえるためのやり方が解説してあるんだが、やればできるのはいいとして、やらなきゃ 100% 失敗と同じなんだということが、はやり心に響く。その通りなんだよね。尻込みしたり躊躇している場合ではなく、ともかくやりたいことがあったら、やってみるべきなんだよな。そんな当たり前のことを、しかし、まわりの人たちとかなえあうという考え方がいい。
 というのも、いまのぼく自身が、なぜなんだろう昔知り合いだった人たちと再会して、改めて一緒に仕事をしはじめていて、まわりの人たちとの協力関係といえばいいんだろうか、それぞれが得意な分野をお互いが発揮して大きなプロジェクトを進めていくことをしている最中だったからだ。
 やりたいことがあれば、それをきちんと見据えて、ともかく実行してみるということがとても大切なんだということが再確認できた。もちろん、失敗することだったてある。それも「できる」までの過程なんだと思えば、どんなことだって絶対に「やればできる」ことになる。もちろん、やり抜くことが肝心なんだけどね。

|

« 大江橋から | トップページ | 渋谷 1210 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/32558181

この記事へのトラックバック一覧です: やればできる:

« 大江橋から | トップページ | 渋谷 1210 »