« 渋谷 1210 | トップページ | ウインナーとしめじのペペロンチーノ風 »

2009.12.11

顔が見えはじめているのかも

 一日籠もって企画書書いているとあれこれ書きたくなってしまうので、ちょっと吐き出してみる。
 といってもたいしたことじゃない。このところの政府の動きがドタバタしていて、というか、ほとんど破綻きたしてるんじゃないかということで、ちょっと感想など。
 個人的には自民党がやってきた政権運営というやつが、ようするに政治家はなにもせずに官僚のいうことをそのまま聞いていただけなんだということが、今回の政権交代ではっきりしたことはとてもいいことだと思う。駄目なら交代しなければいけないという政治家ではなく、雇われたらそのまま、下手したら天下りで一生安穏として座っていられる官僚が主導してやってきたことが国民にとっていい方向に向くはずはない。
 とうぜん既得権益をひたすら守る方向に動いてきた。

 で、政権交代してなにが変わったのかというと、ちょっとだけなんだが政治家の顔がそれぞれ見えるようなってきた。
 民主党というか、鳩山政権といった方がいいなこの場合は、ではその政府を構成している閣僚たちが思い思いに発言していて、そのせいで誰がなに考えているのかニュース見ただけでも判るようになったというのは、ひとつの進歩だと思う。いままでは、こっそりと裏であれこれやるのが政治力でもあったからね。
 そこで、ここ最近の動きを見ていると、ほんとうにまともな政治家って少ないんだなぁということがよく判る。いや、もうねぇ、呆れるような人もいるよね。政権獲るんだと意気込んでいていざ政権に着くと、現在思案中なんて人もいるからなぁ。もっと前もってちゃんと準備しとけよといいたくなってしまう。
 もちろんこの政権がこのままなんの問題もなく日本の舵取りをできるとは、さすがに思えない。あと何回かやっぱりガラガラポンがあると思う。
 でも、この流れでいくと最終的に落ち着くときには、ほんとうに能力のある人ってだれなのか、ほぼ全部わかっちゃうような気がする。ということで、こういうガタガタな内閣って、まぁ、それはそれでいいんじゃないのと思っている今日この頃である。

|

« 渋谷 1210 | トップページ | ウインナーとしめじのペペロンチーノ風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/32579774

この記事へのトラックバック一覧です: 顔が見えはじめているのかも:

« 渋谷 1210 | トップページ | ウインナーとしめじのペペロンチーノ風 »