« なぜあの人は整理がうまいのか | トップページ | 是々非々なんだね »

2009.09.20

総裁選挙

 自民党の総裁選挙がはじまった。
 これは新しい政治形態を根付かせるためにも注目していきたいことのひとつだ。なにしろ、民主党に対抗するもうひとつの政党が、それもきちんとマニフェストで政策を打ち出せる政党が必要になるからだ。でなければ、今度は民主党が自滅していくのをただ指を咥えて見ていくということになりかねない。そうなれば元の木阿弥。結局、ぼくたちの一票はどこへいくのかわからない旧式の政治スタイルに戻ってしまう。
 ということで、まず最初に立候補をしたのは谷垣氏。これはもうベタベタの自民党。いわゆる派閥政治の悪しき自民党をそのまま引き摺った候補だ。主だった派閥の推薦を受けている。で、次は河野氏。彼は選挙後にすぐ自らの所信をマスコミなどで公表している。民主党に対抗するためには、小さな政府を目指すべきだとその主張も一貫している。もうひとりは西村氏。本人はいろいろといっているが、これは河野潰しの意図があるんだろう。
 派閥の長老から河野氏の推薦人に直接、推薦を止めなさいというご指導が入ったそうだが、河野氏が立候補するためにそんな苦労をしているのに、西村氏はすんなりと立候補に漕ぎつけている。なんらかの援助なり意思が働いたと想像できてしまう。

 まぁ、しかしそれでも谷垣氏が最終的には総裁になるんだろう。そうなったら自民党は過去の遺物として未来のない政党になるだろう。だいたい谷垣氏が所属している古賀派の長は、派閥は絶対に解消しないと明言している人だからねぇ。
 もし、なんらかの間違いで河野氏が勝ったら、まとめて大掃除をしてすっきりさっぱり、ほんとうの意味で民主党の対抗馬となりうるまともな野党になるだろう。民主党が指向する大きな政府に対抗する、小さな政府を目指す党として。二大政党ということになれば明確な対立軸が必要だけど、この大きな政府 vs 小さな政府というのは、実によくわかりやすい。そうなれば、この先も局面局面で政権交代ということが起こるようになるだろう。
 でも、いまの自民党見てたらとてもじゃないけど、その可能性はとても低いよね。
 そうなった場合、河野氏は自民党を出て、みんなの党と合流する可能性を示唆しているらしい。そういうことになったら、ぼく自身もきちんと考えて支持する政党を決めることができるようになるかもしれない。
 とりあえず、二大政党制がちゃんと根付くのか、それともやっぱりグズグズの足の引っ張り合いしかしない過去の政治に戻ってしまうのか、分岐点なんじゃないだろうか。

|

« なぜあの人は整理がうまいのか | トップページ | 是々非々なんだね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/31460918

この記事へのトラックバック一覧です: 総裁選挙:

« なぜあの人は整理がうまいのか | トップページ | 是々非々なんだね »