« 雨上がりの夕暮れ | トップページ | トロピック・サンダー »

2009.07.28

超「時間脳」で人生を10倍にする

超「時間脳」で人生を10倍にする  今年の 19 冊目。苫米地 英人「超「時間脳」で人生を10倍にする」読了。
 いまさらだが、ぼくは相当な天の邪鬼でバブリーな著者の本は読みたくないというか、読む気が失せてしまうところがある。本屋へいくと、同じ著者の本がコーナーにずらりとならんでいるとそれだけで手に取る気が雲散霧消してしまうのだ。それでもバブリーになる前から読んでいればとりあえずは手に取ることはあっても、やはり買う気は失せる。で、苫米地英人もなんだかすっかりバブリー著者の仲間入りをしてしまったみたいで、そろそろここらで読むのを止めようかと思っている。
 これが小説なんかだとまた話は変わってくるんだが、この手の自己啓発系だったり、ハック系の本は、何冊も出るととうぜんその中味が似てくる。もちろん著者はそんなことはよくわかっているんだろうけど、出版社がそれでもいいからと書かせているんじゃないかと思う節があって、そんな事情が透けて見えるともういけない。ということで最後の一冊としてこの本を選んでみた。
 やはり根本的には同じことをいってるんだが、それは当たり前の話、本によってその主義主張が違うのは逆におかしい。そういう意味では安心して読める一冊だった。
 彼の主張はともかくきちんとゴールを設定しなさいということだ。しかも、抽象度の高い真のゴールをということになる。極論を言っちゃうとそれに尽きる。
 今回も時間の話からはじまっているが最終的にはその話になる。
 ただ今回、いつもと違ったのは、というか、内容は同じなんだが受け取ったぼくの側の問題なんだけど、とても大切なことに気がついてしまった。ゴールをという話はとうぜんなんだけど、それ以外にいろいろな本を通して彼が言っていることの本質のポイントというやつに気がついたのだ。
 それがなにかということはぼくだけのことなのでここには書かずにおくけれど、気がついたときにはさながら天啓を得たような気になってしまった。

|

« 雨上がりの夕暮れ | トップページ | トロピック・サンダー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/30744207

この記事へのトラックバック一覧です: 超「時間脳」で人生を10倍にする:

« 雨上がりの夕暮れ | トップページ | トロピック・サンダー »