« バガボンド 30 | トップページ | Books »

2009.06.05

ハロウィン

ハロウィン [DVD]  オリジナルは確かテレビで見た記憶がある。78 年制作だからもう遙か昔の映画ということになる。けど、これがスプラッターの先駆け。そういえばジェイミー・リー・カーティスがヒロインだったなぁ、とこれを観ながら思いだした。細かなストーリーは忘れたけどベビーシッターのバイト先でブギーマンに襲われるんじゃなかったっけということぐらいしか覚えてなかった。
 このハロウィン2007 はブギーマンことマイケル・マイヤーズの生い立ちが丁寧に描かれている。この子ども時代のマイケルを演じてるデーグ・フェアがなかなか凄い演技をしてくれる。子どもらしい狂気といえばいいんだろうか、こいつなにかヤバイって感じがプンプン臭う。デーグってなかなかの才能の持ち主らしく、このあともいろいろなオファーがあるそうだ。ちなみにハンコックに空高く投げられたいじめっ子も彼だったりする。

 ハイライトは生まれ育った家にマイケルが戻って次々と殺人を犯すところなんだが、最近流行の派手な殺し方ではなく淡々と殺していく。もっともその方がほんとうは怖いんだよね。しかも、彼が舞い戻ったいきさつは解ってもなぜということがわからない。
 なぜ、ということが解らないままラストまで行っちゃう訳だけだど、オリジナルだと死んだはずのブギーマンの死体がなくなっていて、そのあとを予感させるんだけど、今回それがなかったなぁ。もっとも死んだという確証もないけどね。
 しかしベースがベースだからだろうかスプラッターの王道をいくって感じだね。もうちょっと捻りが欲しい気もするけど、それがあるとハロウィンじゃなくなっちゃうものなぁ。だからこれはこれでいいんだろう。
 しかしあのマスクは確かにちょっと怖い。これをヒントにジェイソンがアイスホッケーのマスクをつける設定にしたらしいのも頷ける。

|

« バガボンド 30 | トップページ | Books »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/29975708

この記事へのトラックバック一覧です: ハロウィン:

« バガボンド 30 | トップページ | Books »