« もう駄目でしょう | トップページ | iPhone OS 3.0 »

2009.06.17

ワールドカップアジア最終予選最終戦

 残念な結果には違いない。
 ただ、そう悲観したものではなかったことも確かだ。もっともこれで「目指せベスト 4」というのは勘違いも甚だしいとは思うけど、いまの日本代表の力がよくわかった試合だったといえる。
 ガツンとぶつかり合うことができるいい意味でのライバル国がアジアにできたということを個人的には喜んでいる。つまらない理由を振りかざすことなく、純粋にサッカーを競うことができる対戦相手だ。しかも、サッカーを知り尽くした巧さはさほどではないけれど、試合に勝つための意欲という点では日本の上をいく。総合的に見ても日本代表よりその力は上にある。

 とりあえず全体的な感想を並べてみると、まずゴールに対する意欲が若干薄れているような気がした。キリンカップで見せたゴールを狙うどん欲さが今日の試合ではあまり感じられなかった。もっともっとシュートを打てるシーンがあったはずだ。それにゴール前に供給するボールに工夫が足りなかったんじゃないだろうか。いつも同じようなクロスでは、体格差のある相手を簡単に崩すことはできない。いや、体格差がどうのではなく、ディフェンダーを惑わすためには、いろいろな種類のボールをゴール前に供給する必要があるはずだ。
 もうひとつどうしても気になるのが、どうして自陣のゴールの前でフリーの選手を作ってしまうのかという点。ディフェンダーがマークを外してはいけない。こういう基本的なことができない時間帯があるし、その時間帯に失点している。昨日の一点目がそれね。まぁ、お互い様だけど。
 またディフェンスの際の連携も気になる。昨日は目立たなかったけど、敵が抜け出そうとするときに、ふたりのディフェンダーが同じ動きをしてしまうことがある。ひとりが着いていったら、もうひとりは他をカバーするといった連携が乱れる。それだけならいけど、ディフェンダー同士がお互いの視界を防いだり、動きを限定することさえある。
 まぁ、疲労度が高まるにつれて頭が回らなくなるということは仕方のないことだが、こういう動きというのは代表クラスの選手ならオートマチックにできるようになって欲しい。って、贅沢な要求なのかなぁ。

 いつもは試合のあと脱力することが多いんだが、昨日の試合については個人的に納得している。
 ただ、これからさらに上を目指すのであれば、個々の積み上げでチームを熟成させていくというのは難しいと思う。
 いまの体制で南アフリカを目指すなら、せいぜい予選リーグで一勝がいいところだろう。もしかして組み合わせに恵まれたら、それでも決勝トーナメントの可能性はあるかもしれない。けれど、そこ止まり。
 本気でベスト 4 をというなら、というかこの時点で「ベスト 4」という目標を立てることが無謀だとは思うけど、目標は高ければ高い方がいいのでそのことについてはなにもいわないでおくなら、チームの力を飛躍的に上げるのであればやはりマネージメントをということになるだろう。早い話、監督だね。
 岡田監督にはおつかれさまと拍手を送って、新しいなにかを日本のサッカーに植え付けてくれる監督をということだ。もっともサッカー協会がどんな監督を選ぶのか判ったものじゃないから、ってドイツ大会のときがあれだからね、このままの方が無難なのかもしれないけど。だとしたら「ベスト 4」という目標はすげ替えた方ががいい。

 ああそうだ。審判がまともだとこういうゲームが楽しめるということもよくわかった。

|

« もう駄目でしょう | トップページ | iPhone OS 3.0 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/30163059

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップアジア最終予選最終戦:

« もう駄目でしょう | トップページ | iPhone OS 3.0 »