« いつの間に有償に | トップページ | ワールドカップアジア最終予選最終戦 »

2009.06.14

もう駄目でしょう

 昨日、一昨日と二時間ドラマをなんとなく見てしまった。
 テレビが点いていたからということもあるけど、普段ちゃんと見ることが少ないだけに珍しいことではある。しかしなんといえばいいんだろう、かなり驚いたことは確か。だってあまりにもその内容が酷かったから。
 どうしてこんな体たらくになってしまっているのか明確な理由はわからないけど、予算が足りないとか、人材不足とか、そもそもなにがいいものなのか判断できる人たちがいなくなっているということもあるのかもしれない。しかし、ここまでものが作れなくなっているとはちょっとビックリ。
 まず役者が酷すぎ。ちゃんと名前がクレジットされるように人たちは、そりゃちゃんとしているだろうけど、エキストラに近い登場人物なんてまともに台詞もいえないじゃない。あれ仕出しの人たちじゃないよね。まるで町内会の出し物みたいなレベルに唖然としてしまった。
 おまけに原作はちゃんとしているだろうに、シナリオが酷い。一昨日のドラマなんて犯人が小学生の頃に疎開していたって、いつの話なの? これにはさすがに首を傾げた。だって昭和二十年に小学校の六年生だとしたら、昭和八年生まれぐらいだろう。だとしたら今年で 76 歳だよ。76。その子どもって、どう考えても 40 代後半から 50 代だろうに、中学生ぐらいの息子がいたりして、なにか 60 過ぎでできた子なの? そりゃどういうことですかと突っ込みたくなってしまう。
 たまたまそういう原作を選んだんだろうけど、だったらその年代を考えた舞台背景にすればいいのに、なんなとく現代ね、みたいなその安易さがおかしい。
 といったぐあいにシナリオがちゃんとしていない。おまけに観光案内風のシーンがあったり、リアリティのかけらもないシーン満載で、いったいなにを基準にものを作っているんですかと聞きたくなってしまう。
 こういうものを見てしまうと、もうテレビはいいですっていいたくなっちゃうよなぁ。
 いや、マジでこれなら tumblr の Dashboard 掘ってた方が楽しいかもしれない。

 で、ふと思ったんだけど、このところおもしろい CF ってのもないよなぁ。
 特になんだこれはと思うのが映画の CM。これ、Twitter だったか、tumblr だったかのポストで読んだんだけど、まったく見ず知らずの人が出てきて感動しましたっていわれて、誰がはいそうですかと納得すると思ってるんだ? それでみんなが、じゃ劇場に行こうと考えると心の底から信じている宣伝担当がいたら、はっきりいってそんなやつは首にした方がよろしい。
 お金もアイディアもなにもなくて、とりあえず電波に乗せて流せばなんとかなるって、みんなまとめて勘違いしているんじゃないだろうか?
 コンテンツを公開する方法がほかになければそれでもなんとか誤魔化せたかもしれないけど、いまはそんな時代じゃない。その気になればドラマだって CG で作れちゃうし、しかもそれを Web で公開することもできる。それで金になるのかどうかはあとの問題。内容がよければ、ってよほどの質でなければ駄目だろうけど、でもビジネスとして考えることだってできるはず。
 しかし、ここまでものが作れなくなっているということを考えはじめると暗澹たる思いを抱かざるを得ないよなぁ。

|

« いつの間に有償に | トップページ | ワールドカップアジア最終予選最終戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476084/30118941

この記事へのトラックバック一覧です: もう駄目でしょう:

« いつの間に有償に | トップページ | ワールドカップアジア最終予選最終戦 »